April 11, 2018

お茶の水ホテルジュラクのあけびの実でヘルシーフードバイキングをする

Img_8513

Img_8514

Img_8515

Img_8516_2

 相変わらず花粉症で肉を食べると症状が悪化するので肉以外のメニューを探していたところ、こんなお店を教えてもらったので行ってきた。そろそろお刺身系に飽きてきたのでありがたい。
ホテルのバイキングと言うと、どんなに美味しいところでもどこかツメの甘いメニューがあるものだし、それにヘルシー系と付けばなおさら危険率が上がるものだが良い意味でここは完全に予想を裏切られ、どれをとっても美味しくて驚いた。なにより凄いのは写真を撮り忘れたものの最後に食べたデザートで、大抵のバイキングでは保存している内にパサパサになってしうものだが、ここはケーキ屋さんのショーウィンドウのようなきちんとした保存ケースにデザートが入れられていてどれもしっとりとした食感だったのには感動した。またよくあるバイキングメニューの他に日替わりでその日のスペシャルメニューが別にあり、数量限定ながらコース料金で食べられるのがありがたい。それにしてもスペシャルメニューの到着を知らせる鐘がなった途端に誰もがダッシュで並ぶのは凄かった。
ホテルのバイキング侮りがたしである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 25, 2018

生田緑地近辺の桜

Sakura01

Sakura02

Sakura03

Sakura04

Sakura05

桜が咲いたのでTHETAで360度パノラマ写真を撮ってみた。一脚を使って桜の枝の棚田の上から撮影。 - Spherical Image - RICOH THETA

 桜日和だったので、カメラとRICOHのTHETAを担いで写真を撮りに行く。花見客で混雑しているのでレンズは80mmの準望遠レンズを持っていって正解だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 15, 2018

神田のイワシ料理すゞ太郎で鰯を食べまくる

Sushitaro

Otoshi

Namero

Sashimi

Nasu

Kabayaki

Tumire

Marine

Tatuta_age

Honesenbei

Kuzira

Shup

Onigiri

 相変わらず花粉症で肉を食べると症状が悪化するので、今回も魚づくしという事で神田にあるイワシ料理店 すゞ太郎に行ってきた。元々イワシやアジなどの光り物は大好きなのだが、それを差し引いても鰯がこんなに美味しいとは面白かった。正直に言えばさすがに全品イワシ料理だと飽きるので途中で別の魚を挟むかと思っていたのだが、物珍しさでクジラを挟んだ以外は鰯づくしでも全く飽きることは無かったのだ。
 またやはり鮮度が違うのか日頃食べている鰯とはある意味全く別物で驚いた。なにせ生臭い所が全く無く刺身などでも普通匂い消しにレモンなどをかけて食べることが多いのだが、ここではちょっと醤油を垂らしただけでいくらでも食べられそうなのである。
 そのせいだろうか、前回の教訓を生かして多少日本酒は控えたものの結構飲み食いしたのに翌日実に快調な目覚めだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 24, 2018

洗濯機の修理の話

Washing_machine

 10年ほど使っていたドラム式洗濯機が故障した。洗濯の途中で脱水に入ると途中でエラーを出して止まってしまうのだ。しかもこれが毎回起こるのなら問答無用で修理だが、時々起こるのが悩ましい。
説明書によれば例え本体に問題が無くても、たまたま洗濯物の量が多すぎたり少なすぎたり洗濯物に偏りがあった時にはエラーが出るとあるものの、立て続けにエラーが出たり何度洗濯物の位置を調整してもエラーが出るとかなりめげる。
 そんな訳で先月の27日に修理してもらったのだが、それから一月も経たない内に再発するようになったので再度修理してもらうことにした。
 ネットでググったところそもそもドラム式洗濯機には本質的な欠陥があり、長年使っていると内部にゴミが溜まって排水が不良になり大掛かりな分解掃除をしないと治らないと言う話も見たのでもしかしたらそれかも知れないと思ったのだが、修理してもらった業者の方曰く、排水不良の形跡は無いという。そんな訳で初回にモーターと一体化した振動検出センサーを、今回に洗濯機を制御する基盤を交換してもらったのでこれで治ることを祈るばかりである。
 それにしても最近は現場で修理する人もタブレットを使って故障した製品のチェックや調査、部品の在庫管理、作業内容の管理、更に作業の抜けが無いかのチェックシートや修理費の請求までその場で出来るのが未来感があって面白かった。ちなみにこうした現場で機械のチェックや見積もりまで全部タブレットで出来るのは最近のトレンドのようで航空機整備も同じようになっているそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 16, 2018

AIの判断と人間の判断の話

大昔にサーバー管理をしていた錆びついた知識をリフレッシュするために、最近のセキュリティ事情をおさらいしている。
今のセキュリティ最前線で使われている技術は、基本的にはこれまでと変わらないものの、多くの手法が自動化されている。これまでなら人間が試行錯誤しなければ出来なかったことでさえ、AIを使った機械学習によって自動化されていることに驚いた。例えば、少し前に仮想通貨交換業者のコインチェックがハッキングを受けて、P2P暗号通貨XEMが流出した事件では、その攻防は互いに自動化されたAIによって行われ、人間は直接細かい作業をせずに監督作業だけをしていたという。
 これはインターネットの世界だけに限らない。インフラの制御でもあまりに巨大化複雑化したために、人間が個別に対応してはダメという段階に入っていて、その制御は自己学習するDeepLearning系AIによって自動化が進んでいる。更に軍事分野でさえ、今では多くの部分が電子化・ネットワーク化しているが、最初に書いたようなAIを使ったサイバーセキュリティの流れも、いずれ軍にも降りて来るのだろう。既にロシアの最新鋭戦闘機Su-57では、パイロットの負荷を下げるために行動指針を提示する、人工知能システムが搭載されてるといわれている。
 問題なのはその先だろう。有名な論理学のテーマに、トロッコ問題というものがある。これは「ある人を助けるために、他の人を犠牲にすることは許されるか?」という思考実験だ。例えば、線路を走っていたトロッコの制御が不能になった時に、ポイントを切り替えれば、その先にいる5人の代わりに一人が犠牲になるが、どうするのが正しいのかというものだ。一見すると、より少ない犠牲の方を選べばいいという見方も出来るが、それなら誰がそれを判断して実行するのかという問題もはらんでいる。これまでは運転手など責任を負った人間がその責を負っていたわけだが、AIによって多くの機械が自動化されるにつれて、こうした論理的な問題も出てくるのだ。
 現在、軍隊など人命に関わる判断については、AIはあくまで提案をするだけで最終的な判断は人間が行うという方針が貫かれている。しかし、より高速化する戦場で、コンマ数秒の時間でこうした判断を行うのは人間であっても難しい。映画「ロボコップ」の中では、実は主人公マーフィーは電子頭脳の補助を受けて常人の何倍もの速さで動くことができるが、実は人間の頭脳が追いつかないので、緊急時にはAIが先行して判断・動作を行い、後からマーフィーの脳に結果を送る仕組みになっていた。その結果、当人は自分がやったと思っていた動作が、実はコンピュータによって行われていたと言う裏設定があって戦慄したことがある。
しかし、こんな極端な例でなくても、例えば先程のSu-57に搭載された行動指針を提示する人工知能であっても、A、B、Cと提示された中から人間が判断してどれかを選んだとしても、元のA、B、Cは機械が考えた結果に過ぎないといえないだろうか。

もしかしたら、提示されていないDが真の正しい回答かもしれないのだ。こうした問題を秘めながら、今では多くのものがAIによって制御されつつある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 15, 2018

Balmuda the curryを食べる

Balmuda_the_curry

Balmuda_the_curry2

 カレーは色々あって、それぞれ好きなのだがあえて一番好きなカレーを上げろと言われたら上野にあるデリーを上げるだろう。これまでデリーのカレーはレトルトであったものの、やはりそこはレトルトの悲しさでお店で食べる味には敵わなかった。
 だが今回のこのBalmuda the curryはデリーと共同で妥協せずに味を追求したと言っているだけあってほぼそのままお店の味を再現しているのが素晴らしい。
 ちょっと入手しづらいものの、取り寄せる価値は十分ある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 12, 2018

海鮮炉端 赤羽魚友で美味い魚を食べまくる

Uotomo

Sashimori

Kama

Yamaimo

Kurozoi

Arashiru

Mamakari

Ramen

 赤羽根にある海鮮炉端 赤羽魚友 (カイセンロバタ アカバネウオユウ)に行ってきた。この時期から春にかけては肉を食べると花粉症が悪化するので、もっぱら魚を食べているのだ。
それにしてもここはちょっとしたダークホースだった。人気がある話は聞いていたものの食べログの写真でも店の名前でもてっきり炉端焼きが中心で、干物などを店頭で焼いて出すのが中心だと思っていたのだが、もちろんそれもあるものの何よりも刺身の種類が豊富でしかも圧倒的に美味いのだ。
これまで美味しい魚を求めていろんなお店に行ってきたがシーズンが悪いせいもあって、結構食べられなかった魚が色々あったのだが、ここは冒頭の刺身盛り合わせの写真を見てもらえば判るように、普通の盛り合わせでさえなかなか食べられない美味い魚がある上に、更にその日その日で入荷した珍しい高級魚が食べられるのである。
 しかも美味いお酒もあるのだからたまらない。ついつい調子に乗って飲み食いしすぎて翌日の今は若干へばり気味である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 03, 2018

久しぶりに関東地方に大雪が降った

Img_3283_3

Img_3282

Snow_image

Img_3295

日本列島は22日、本州の南側を通過する「南岸低気圧」の影響で、関東地方を中心に大雪となった。東京都心の午後11時現在の積雪は23センチで、27センチの積雪があった2014年2月以来、4年ぶりに20センチを超えた。気象庁は関東甲信などに大雪警報を発表。23日朝も厳しい冷え込みとなる見通しで、路面凍結や交通の乱れに警戒を呼びかけている。

 忘備録代わりに写真を貼っておく。昔のようにカメラを持って雪の中に飛び出して写真を撮りまくる体力や気力はとてもないものの、サーモグラフィーを使ってちょっと遊んでみた。お湯などの生活排水が流れ込むせいでマンホールを撮ると輝いて見えるなど意外に面白い発見がある。

日記・コラム・つぶやき | | Comments (0) | TrackBack (0)

January 27, 2018

十条の馬ござるで馬肉を食べまくる

Hoppy

Basashi

Tataki

Sekizui

Tukune

Tan

Img_8447

Tansoup

 十条にある、わずか200円前後(馬刺しが190円だったりする)の超破格値の馬肉料理店「馬ござる」に行ってきた。ここは板橋の「馬の串ん」の姉妹店だそうだが、リーズナブルな馬の串んよりも更にお得な値段で驚いた。なにせ大食いの我々でも一人あたり2500円で済んでしまい思わず叫んでしまったくらいなのだ。しかも凄いことに安かろう悪かろうと言うメニューは一つも無く、何もかも美味しいのである。
 お店では料亭のようなお造りされた馬刺しというイメージでは無く、お通しも無く、ご飯物もきりたんぽくらいしか無いと断ってはいるものの、言われるまでそんな事は全く気が付かないし、内装も料理もチープな所は全く無いのだ。
 そんな訳でたらふく馬肉を味わって幸せな気分で帰路についた。あまりにお得だったので途中で寄り道して買い物をしてしまったくらいである。こんなお店なのでそのうち混雑して予約困難店になりそうなので(既に予約なしではまず入れない)行くなら今のうちである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 02, 2018

GoProを投げて動画が撮れるAERを手に入れる

Aer

 GoProを入れて投げるだけで動画が撮れるAERと言うアイテムがキックスターターで一昨年話題になっていたので、早速購入したのだが販売が遅れに遅れてようやく昨年末に現物がやってきた。
早速、いろんな所でテストしてみたのだが手軽な反面思ったよりもかっこいい動画を撮るのは難しい。製造元のサイトでは実に格好良い動画がたくさん上がっているのだが、普通に投げるとまずそこまで高く飛ばないのと、AERが投げられて絵になる場所が意外に無いことに気付かされる。
残念ながらリア充ではないので、皆でわいわいとWERを投げ合うの動画は撮れないし、中にGoProが入っているだけあってキャッチボールやバスケなどの球技をやっている人ならともかく結構受け取るのが難しい。
あと開発元は色々とテストを繰り返して改良したのは判るのだが(例えばちゃんと重心が調整されて適当に投げても画面の天地が正しくなるように飛翔する)、それでも何度も投げているうちに少しづつどこかが壊れてきてしまうのだ。6〜7千円と空撮キットにしてはお手軽なので残念ながらある程度は消耗品として使うしか無いだろう。
それにしても規制されているドローンと違ってこれでいろんな所で空撮が出来るぞと思っていたのだが、いざ持ち出すと結構使える場所が無いことに気付かされる。少なくともボール遊びが出来るところなら大丈夫だと思うのだが、主要な公園はどこも球技が禁止されているし、たとえAERを使っても都心で空撮は難しそうである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«【告知】冬コミで宇宙の傑作機「ソビエト・ロシアの早期警戒衛星」を出します