« タレを変えて簡易エスニック | Main | 鉛筆のお話 »

April 24, 2005

もう一つのエシュロン

 最近はすっかり話題にならなくなってしまったが、アメリカ及びイギリス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダの英語圏5カ国による全世界的な盗聴システム「エシュロン(Echelon)」について聞いたことのある人は多いと思う。これについてはよくネット上で話されるものの、これに対抗したシステムを実は各国が持っていることは意外に知られていないようだ。しかし、当然予想できるよう英米圏のこうした動きに対し他の国が対抗しない訳がない。そして予想通り、核や通貨圏、GPSのような全世界的位置情報システム同様、欧州とロシアは独自のネットワーク監視システムを持っているのである。なお最近話題になっている中国のネットワーク監視システムについては、話題になっている割には監視対象とその名称などが見つからなかったのでこの中には加えていない。きっとあるとは思うのだが・・・。
 欧州、正確に言うと核兵器などと同様に事実上フランス中心のものらしいが、フレンシュロンと呼ばれているシステムがそれである。なおこの名称だがあまりにも出来すぎていると言うか、エシュロンをもじった来た通称ではないかと言う気がする。あのフランスがこんな英語読みの名前を付けるとは思えないからである。詳しくはリンク先を見てもらった方がいいのだが、仏領ギニア、フランス南西部のドルドーニュ地域(Domme in the Dordogne) 、ニューカレドニア、そしてアラブ首長国連邦に拠点を持ち、もちろんスパイ衛星も利用している。また検索システムも単なるキーワード検索ではなくすでに意味論的分析エンジンを備えているらしい。処理能力は200万通/月の電話、ファクス、eメールを傍受する(ちなみにエシュロンは300万通/分)。
 ロシアのネットワーク監視システムについてはあまり詳しい事が分かっていない。おそらく政府の調査機関などでは把握していると思うのだが、一般に出ている情報がひどく少ないのである。それでもそのシステムがSORMと言う名でFSB(元KGB、国家安全保障局)の元にあり、今はSORM2と呼ばれる第2世代になっていること。全世界的な監視能力は不明なものの、少なくともロシア国内における全てのインターネット・サービス・プロバイダーに対し、メインコンピューターにリアルタイムの盗聴装置を設置していることが分かっている。
 
 さて偵察衛星では独自のシステム、GPSでは米国の補助システムを選択した日本はこのジャンルではどうしているだろうか?
 国民としては監視されるのはまっぴらゴメンであるが、対外国となるとクリントン政権時代に日米貿易摩擦ではエシュロンによって日本の政策がアメリカに筒抜けだったという話を聞くと、少なくとも対策ぐらいは立てて欲しいのだがどうなのだろう。

|

« タレを変えて簡易エスニック | Main | 鉛筆のお話 »

Comments

エシュロンとメールシステムの危険性を指摘する”エシュロンキラー”の原作を公開するホームページを作成しました。
アドレスは、以下のとおりです。
http://www.geocities.jp/internetshow2000/
これを公開することで多くの人々にエシュロンの危険性の認識を喚起したいと考えています。
つまり、この原作を小説化にして社会に出したいと考えています。
そこで、この原作を小説化していただける著作者、編集者を探しています。
ぜひ、ご一読をお願いいたします。
ご意見、ご感想があれば、ゲストボックスまたはメールにて承っています。
どうかよろしくお願いいたします。

Posted by: 名無しのコン太 | December 07, 2008 at 07:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/3822167

Listed below are links to weblogs that reference もう一つのエシュロン:

» アラブ首長国連邦 [アラブ首長国連邦-ACCESS]
アラブ首長国連邦アラブ首長国連邦(アラブしゅちょうこくれんぽう)は、西アジア・中東の国家|国。アラビア半島のペルシア湾に面した地域に位置する7つの首長国からなる連邦国家である。首都はアブダビ。カタール、オマーン、サウジアラビアと隣接する。情報元:Wikipe... [Read More]

Tracked on May 15, 2005 at 05:30 AM

« タレを変えて簡易エスニック | Main | 鉛筆のお話 »