« 再び日本版ポリティカルコンパスをやってみた | Main | 早期警戒衛星について調べてみた »

May 02, 2005

Mac OS 10.4 "Tiger"の翻訳機能

 以前のエントリでも触れた、新しいMac OSの新バージョン"Tiger"を早速購入したのでちょこっとだけ感想を書くことにする。とはいえ、OS自体はすでにいろんなところで書かれているので、どうせ誰もコメントしないであろうdushboardの中の翻訳機能について書くことにする。
 何故こんな部分に着目したかと言うと、日本ではあまりメジャーとは言えないロシア語やギリシャ語などの言語まで双方向翻訳が出来るような事がAppleのwebに書かれていてちょっと期待したからである。
 で結論から言ってしまえば、これが全然駄目。別に目玉機能でも無いから目くじらたてるほどではないのかも知れないが、双方向どころか日本語に関しては英語にしか翻訳出来ず、また逆に英語からしか日本語には翻訳できない。おまけに翻訳精度だが、語彙が少ないので昔のテキストアドベンチャーのようにうまくHitする単語を探していろいろ試行錯誤しなくてはいけない有様だ。なにせ「こんにちは」と一言入れると"Today"と変換される有様なのである。あとこの翻訳エンジン自体はOS内部にあるわけではなく翻訳機能の裏にあるサイトsystransoftをネットワーク越しに使っているようだ。そのためネットが込むと延滞が発生し、場合によっては全く使用できなくなる事もあった。

マイナー言語の電子辞書を手に入れるのはまだだいぶ先の事になりそうである。

|

« 再び日本版ポリティカルコンパスをやってみた | Main | 早期警戒衛星について調べてみた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/3935889

Listed below are links to weblogs that reference Mac OS 10.4 "Tiger"の翻訳機能:

« 再び日本版ポリティカルコンパスをやってみた | Main | 早期警戒衛星について調べてみた »