« 死神伝説 | Main | 書評:インターネットは「僕ら」を幸せにしたか?-情報化がもたらした「リスクヘッジ社会」の行方 »

September 30, 2005

NHKラジオロシア語講座前期総括

 今週でNHKのラジオロシア語講座が修了する。NHKの語学講座は半年毎のカリキュラムなのでとりあえずこれで一通りのコースが終わった訳だ。理解できたかは別として、とりあえずよくついてこれたものだと思う。特に今年のラジオ講座は以前も触れたように最初から難易度が高かったので、初めて聞き始めた人にとっては大変だったのではないだろうか。その代わりと言っては何だが最初から詰め込んでくれたおかげで、文法を学ぶ分にはいいペース配分だったと思う。特に今年は一度やった文法の復習コーナーが何度ももたれて、忘れかけていた重要文法の良い復習になった。
 堅い評論はここまでにして、例のごとくストーリーの感想とつっこみに入ろう。一時期はどうなることかと思ったラジオ講座のストーリーだが予想通りと言うか、結局それと言った落ちが付くこともなく終わってしまった。一時期あんなに心配させられたニキータも伝聞ではあるが堅気に働いているようである。唯一の意外な展開はストーリーの前半の仲良し高校生カップル、ダーシャとユーラが最後まで友達のままで、しかもダーシャが別の男性と結婚してしまう所であろうか。余談だがロシアでは平均結婚年齢は非常に若く(平均初婚年齢は20過ぎ)女性は16歳から結婚出来るので(ロシアの少子化も深刻な問題で、その対策として下げられたと言う面もある)、高校卒業後結婚する事はそう珍しい事ではない。しかしこのエピソードは個人的な経験もあってちょっと心の縦糸に触れるものがあった。

 それにしてもこの半年で果たしてどれくらい自分のレベルは上がったのだろうか。語学という奴をやっていると見通しの悪い山道を登っているような気になってくる。しんどい割には、自分がどのくらいの高さまで上がったのか、果たしてこの道は正しいのかいつも分からず、ごく希にすばらしい展望が見えて初めて実感出来るのだ。果たして次の展望はいつ見えるのだろうか?

|

« 死神伝説 | Main | 書評:インターネットは「僕ら」を幸せにしたか?-情報化がもたらした「リスクヘッジ社会」の行方 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/6178709

Listed below are links to weblogs that reference NHKラジオロシア語講座前期総括:

« 死神伝説 | Main | 書評:インターネットは「僕ら」を幸せにしたか?-情報化がもたらした「リスクヘッジ社会」の行方 »