« バーチャルウェイトレス!? | Main | ソ連/ロシア原潜建造史 »

October 17, 2005

休日の本買い込みリスト

 最近、休日になると本をしこたま買い込む生活になってしまっているが、今回も例に違わず結構な量を買い込んでしまった。以下がその成果である。

日仏カップル事情
大学でフランス語を教え通訳としても活躍してる著者がフランスと日本のカップルを題材にして書いた、日本とフランスの男性・女性の生き方や社会的な立場を考察した本。タイトルは結構軽そうで語り口や題材も「負け犬論」や「自分探し」など話題性の高いテーマを取り上げつつ、結構深いところまでつっこんだ分析や問題提起がなされていて興味深い。フランスに興味が無くても今ネット(の一部)で話題になっている、負け犬論やモテ非モテ論に興味のある人は読んでみると自分の国の中からでは分からない問題や見方に触れること出来て面白いのではないかと思う。

ご臨終メディア
すっかりネット上ではネガティブな評価が定着しつつあるマスコミの問題点を、大衆迎合と事なかれ主義の点から切り込んだ本。世論に従うと言うことを免罪符に自主規制してさまざまなことを報道せず、そのくせ相手が弱者だったり世論が懲罰的だったりするととたんに先頭に立って煽動するマスコミの背景に私たち一般大衆の共犯関係があることを指摘している部分は耳に痛いし、全体的に書き方も辛辣でバイアスがかかっていると感じる人や気に障る人も多いかも知れないが、それでも本書の中で次々と具体的に上げられているマスコミ内部の駄目さぶりはもっと多くの人に知ってもらいたいし、多少はメディアリテラシーの向上に繋がってくれればと思うのだ。

・エコノミスト別冊「大増税に勝つ」(雑誌)
 経済分野は疎いのだが、ちまたでよく言われている日本財政破綻論や税制問題などについてよくまとめられているので買ってみた。税収不足の内容など膨大な資料や図で解説されていて、起こりうる可能性についてどんなものがあるかいくつか例を上げて解説しているのは分かりやすい。そのなかでも日本の財政は経済学的にはすでに財政破綻の領域にあるという指摘は不気味である。

・pen(雑誌)
これもまあ、最近多いカタログモノ雑誌の1つなのだが、たまにほとんど知られていないマイナーな作家の製品の特集を組んでくれたりしてくれるので面白そうなときな買っている。今回は日常品がテーマだが予想通り、monoマガジンなどとは全く違うスノッブかつマイナーな品揃えが多かったのは面白かった。

|

« バーチャルウェイトレス!? | Main | ソ連/ロシア原潜建造史 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/6425990

Listed below are links to weblogs that reference 休日の本買い込みリスト:

» 【読みてぇー】 [【です☆です】φ(.. )]
昨晩、あるブログにて紹介されていた本を、 『うわぁ!読みてぇ!』なんつって思った。 時刻は21時。時間的には、崖っぷちです。 しかも酒を呑んでる(笑)。選択肢はひとつ。 近所の2時までやってる本屋に歩いていく。 無い!ショックでけぇ。帰りの足取りってば 行...... [Read More]

Tracked on November 01, 2005 at 11:19 AM

« バーチャルウェイトレス!? | Main | ソ連/ロシア原潜建造史 »