« 店構えが気になる食べ物屋 | Main | 鮮明すぎるGoogle Earth? »

October 20, 2005

宇宙ニュース各種

 秒分歩のネットの世界に比べて遙かに時間の流れが遅い宇宙開発ニュースだが、先週から今週にかけてはあまりに多くの出来事がありすぎでちょっとフォローが出来ずにいる。
とりあえず覚え書きとして気になったニュースをいくつかピックアップしておく。


・中国有人宇宙船、神舟6号地球に帰還
中国の有人宇宙船「神舟6号」は17日午前4時33分(日本時間同5時33分)、地球の周回を終え、内モンゴル自治区中部の四子王旗着陸場に帰還した。
これに関する話で書きたいことは打ち上げ時に書いてしまったので今回はコメントは無し。


・ スラッシュドットでも記事になっていたが、ホリエモンことライブドア社長兼CEOの堀江貴文氏が正式に宇宙ビジネスに参入を表明したそうだ。
以下のところがとても詳しくまとまっているのだが若干内容をピックアップしておこう。

ライブドア社長兼CEOの堀江貴文氏は個人プロジェクトとして「ジャパン・スペース・ドリーム」を立ち上げる。ロシア製のカプセル型宇宙船「Almaz Capsule」を使用し、数年以内の事業化を目指すという。 宇宙船は、NPO Mashinostroyeniaが開発・保有している「Almaz Capsule」を使用する。同機関は1944年の旧ソ連時代に設立され、当初は巡航ミサイル、その後、大陸間弾道ミサイル(ICBM)やロケット・宇宙船も開発してきた。Almaz Capsuleも軍用として使われていたもので、1974年から83年にかけて、4機の打ち上げ実績があるそうだ。 現状では3人乗りとなっているが、次期バージョンでは6人乗りが検討されているほか、50〜100回の再利用が可能なことで、低コスト化が図れるという。現状、民間宇宙旅行は米Space Adventuresが2,000万ドル(約22億円)で提供しているが、この「1/10以下にしたいと思っている」と堀江氏。高度400kmの地球軌道飛行、1日以内の滞在期間(当面)で、事業化については2008年第2四半期を目処に進めているそうだ。

 読んでの通りかなり詳しい内容で取り立てて補足することは無いのだがソユーズ宇宙船を運用しているミールコーポレーションと今回のTKSを作ったフルニチェフ社との関係や、このモジュールとISSとの往復にも使われているソユーズ宇宙船との違いが判らないと言う話しも聞くのでちょっと補足したいと思う。
 この2つの会社の母体はそれぞれソビエト宇宙開発黎明期から存在する2つの設計局、スプートニク・ボストークなどソビエト宇宙開発の中心であるコリリョフの設計局ОКВ-1と、軍事部門その中でもエンジン関係に強くフルシチョフの息子が勤務していたことで党中央にパイプのあるチェロメイ率いるОКВ-52がそれぞれ母体になっている。もともとソ連内部では航空機のミヤコンとスホーイを競作させたように複数の設計局を競わせてより優れた方を採用すると言うやり方を好んでいたが、この2つも有人月探査から宇宙ステーションなどで競い合った因縁を持っている。共にОКВ-1(現ミールコーポレーション)の案が最終的に採用されたが、サリュート宇宙ステーションなどいくつかのプランではОКВ-52側が採用された物もある。余談だが一見、競争原理が働いて良さそうに見えるこのやり方のおかげでソ連は月に人を送り込めなかったとも言われている。あのアメリカでさえ、国力の全てをアポロ計画1本に絞ってプロジェクトを進めている最中に、ソ連は国内ではいわば2本立てで月探査計画が動いていたからである。
話を戻すが、今回のTKSこそОКВ-52側のソユーズ宇宙船の対抗プランに他ならないのである。


「鮮明すぎる」? Google Earth、Googleは「各国のルールを尊重する」
Google Earthの衛星写真が鮮明すぎると、いくつかの国から高精細な画像で防衛施設などが表示されてしまい安全保障上危険であると言う懸念が上がっている。これについてはいろいろ書き足したいこともあるのでいずれまとまったエントリーにするつもりだが、とりあえず関連Linkを上げておこう。

まずは昔書いた自分の記事から
GoogleMapで見えるもの
次にhotwiredの記事より
インド大統領、『グーグル・アース』の衛星画像に懸念表明

|

« 店構えが気になる食べ物屋 | Main | 鮮明すぎるGoogle Earth? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/6481250

Listed below are links to weblogs that reference 宇宙ニュース各種:

» 神の視点ですか? の巻 [シカゴノ若鮎]
元々 パソコンにGoogle Earthはインストールしてあったのだが、この度... [Read More]

Tracked on October 20, 2005 at 08:31 AM

« 店構えが気になる食べ物屋 | Main | 鮮明すぎるGoogle Earth? »