« 耐震強度偽造問題について | Main | ゲーム用背景制作の仕事とは »

December 09, 2005

みずほ証券発注ミス、巨額損失の可能性

 今日の株式市場はインプレスのやじうまウオッチにまで取り上げられてしまう程の大混乱があったようだ。
原因はなんと売買注文の入力ミス。1株61万円で1株の売り注文を出そうとしたが、実際には、1株1円で61万株の売り注文を出してしまったのである。

 8日の東京株式市場で、東京証券取引所の新興企業向け市場マザーズに同日上場した総合人材サービス業ジェイコムの株式に対し、みずほ証券が誤って大量の売り注文を出し、みずほ証券には現時点で270億円の含み損が生じている。
 この影響で、日経平均株価(225種)が300円以上、急落するなど市場が大混乱した。
 この日は、こうした取引に対する不安が広がり、証券会社や大手金融グループの株式を中心に売られ、株価は全面安となった。
 日経平均株価(225種)は前日比301円30銭安の1万5183円36銭と、12月1日以来1週間ぶりの低水準まで値を下げて取引を終えた。下げ幅は今年3番目の大きさだった。
(2005年12月9日0時11分 読売新聞)

 それにしても恐ろしいのは、電子化によってこうした些細な入力ミスが多大な損害を出してしまうことである。今やっているゲーム業界の仕事なら、まだそれでも表示がおかしかったり、動いたときに世界の外に飛び出したり、ダメージを受けたときにかすっただけでプレイヤーが即死したりするだけでまだ現実世界に実害が無い分、ディバッグ上の笑い話ですむ話であるが、現実世界とリンクしている世界では笑い事では済まない。
 事実、欧州宇宙機構のアリアン5ロケット1号機が打ち上げ37秒後に姿勢を崩し爆発したのも、ソフトウェアのバグが原因であった(アリアン4号のプログラムをそのまま使ったところ、アリアン5の加速が大きすぎてデーターが桁あふれしたのが原因)し、巨大な製鉄業などの機器の制御では些細なミスが即人死にを招きかねない。
 しかしいつも思うのだが、われわれ全人類の生死を預かる戦略核ミサイルシステムでは本当にこうした事故は起きないのだろうか。ロシアでは「死の手」と呼ばれる自動核報復システムがいまでも駆動しているという。おそらく同じようなシステムはアメリカにもあるはずだ。漫画や小説では日常的にハッキングやコンピューターウィルスで核戦争が起きる話が書かれているが、こればかりは現実世界では願い下げである。

|

« 耐震強度偽造問題について | Main | ゲーム用背景制作の仕事とは »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/7534616

Listed below are links to weblogs that reference みずほ証券発注ミス、巨額損失の可能性:

» うつしみ百二十七 發注ミス [いろは 伊呂波 IROHA]
 發注ミス 聲せず見ゆる夢魔同じ繪を誘はせ御世や袖惚け居て無知いびり 入れ違ふ數と値段にふためける  相場笑へど籤賣の前 泡の世を切れ得ぬ縁に繋ぎ合ひ  居づらくこねぬ夢や諸々 こゑせすみゆるむまおなしゑをさそはせみよやそてほけゐてむちいひりいれちかふかすとねたんにふためけるさうはわらへととみくしのまへあわのよをきれえぬえんにつなきあひゐつらくこねぬゆめやもろもろ みずほ証券発注ミス、270億円損失…市場は大混乱  8日の東京株式市場で、東京証券取引所の新興企業向け市場マザーズに同日上場... [Read More]

Tracked on December 09, 2005 at 03:04 AM

» ありえね〜 [横浜貴公子の「科学的根拠はどうした!?」]
昨日の、だめぽ……じゃなかった、みずほ証券の「株の売買発注ミス」、まだ尾を引いているみたいで…。 それにしても、凄まじいミスですよねぇ。「1株を61万円」で売るつもりが、「61万株を1円」で売っ払っちゃうなんてね。見て分からないもんかね?イムってるな〜、担当者....... [Read More]

Tracked on December 13, 2005 at 11:37 AM

« 耐震強度偽造問題について | Main | ゲーム用背景制作の仕事とは »