« 気になる物件と単なる日記 | Main | 浅草エスニック事情 »

December 26, 2005

とうとうアンティークROLEXを買ってしまった

ROLEX_p
 とうとう機械式腕時計欲しい病が悪化して、アンティークのROLEXを買ってしまった。それにしても自分が欲しいものと言うのは一見メジャーなブランドものであっても、どうも少し人とは、ずれたマイナーなものになるらしい。普通、ROLEXと言うと現役の機種かその中古が一番売れ筋でな訳だが、私が買ったのは50年前のまだ自動巻が付く前のPRECISIONで、もう代理店に持っていっても修理を受け付けてくれないものらしい。しかも、後で分かったのだが文字盤がリダン(綺麗に修復・再ペイント)されている物は過去に変造品(安い機種の文字盤を書き換えて高価な機種に見せかけたもの)が作られたりしたことから、一部では非常に嫌われている事が分かりかなり凹んでしまった。(まあ、だからといって買ったものが変造品と言うわけではないのだが)
 ちなみによく雑誌などではROLEXは資産価値があるとか、後で売っても驚くほど(買ったときから)値段が変わらないどころか、ものによっては値上がりするものさえ有ると書かれているが、私が欲しがるような古くて生産台数が少ない機種は、万人が欲しがるものでは無く一部のコレクターのニッチ市場がターゲットなので、そう簡単に売れるものではないらしい。まあ別に(偽物や変造品で無い限り)ひどく買いたたかれる訳では無いのだが、要は買い手が少ないために欲しがるお店があまり無いようなのである。この辺どうも希少本などのマニア向けの高額ニッチ商品に共通する感じがする。

 それにしても思ったのは、これだけメジャーなブランドでかつ蘊蓄を語るのが好きそうなものにもかかわらず、ネットで検索してもアンティークロレックスの買い方ガイドみたいなものが何処にもないのはいったいどうしたことだろう。探し方が悪いのかも知れないが見つかるところ見つかるところ、Shopのページばっかりなのだ。しかし、そんなところを見てもしかも現役機種と違ってアンティークはそれこそ山のように種類があって、傍目には何がなんだか分かりはしない。そんなわけでやむなくいろいろ調べる羽目になったのだが、その結果分かったことを素人の覚え書きではるが、書き残しておこうと思う。

・アンティークの場合、大きな区分は専門誌やガイドなどにも載っているが、いざ買おうと思うと一見同じ機種でも様々な形があり、しかも値段も様々で困ってしまう。とりあえず相場などの当たりをどうやって付けるかだが、正確な品番をネットでgoogleば大抵どこかのお店の値段やe-bayやヤフオクの価格が見つかるのでそれが参考になりそうである。

・同一種でも年代によって様々な種類があって閉口するが、そんなときに役に立つのが、本体ベルトの取り付け金具付近に打たれているリファレンスナンバーである。同じ機種でもやたら種類の多い機種はこれが目安になるようだ。どんな特徴があるか分からないときはとりあえずリファレンスナンバーを入れてgoogleってみるといいようである。

|

« 気になる物件と単なる日記 | Main | 浅草エスニック事情 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/7829538

Listed below are links to weblogs that reference とうとうアンティークROLEXを買ってしまった:

« 気になる物件と単なる日記 | Main | 浅草エスニック事情 »