« キャリアパスの話し | Main | Microsoft Wordの歴史からX-Box360を考察する »

January 15, 2006

eBayで売られたロシアのミサイルの発射キー

missile_key
 一昨年ネットで話題になったので知っている人も多いと思ったのだが、意外と知らない人が多いようなので古いネタだが書いてみたい。
 2004年の3月にeBay(アメリカ最大のオークションサイト)に今度は「旧ソ連のICBM・大陸間弾道ミサイルの発射キー」が出品された。99セントからスタートしたこの商品はどんどん値がつり上がってきて、最終的にはなんと$2,125で落札されたという。そのときの出品者のどうやって「本物」のキーを手に入れたかの長い長い説明や、出品しても良いかどうか、FMA (Foreign Material Acquisitions)に問い合わせたと言う説明も面白いが、コメント欄のやりとりも面白いものになっているそうだ。もうちょっと詳しい話は日本語ではAZOZで取り上げているのでそちらを見るといいだろう。
 ここまでの話は結構話題になったのでいろんなサイトなどで聞いた方も多いと思うが、実はこの話には後日談がある。この高値に惹かれたのかその後、eBayのあちこちで「本物」と称するICBMのキーが出品されたのだ。だが普通に考えれば分かるが、もちろんそんなに本物のICBMのキーがあるはずもない。おそらく大部分は今回のニュースを知って作られたキーのレプリカなのだろう。この手の話は何故かロシアでは事欠かず、世界最初の人工衛星スプートニク1号の予備機もeBayで2万5千ドルからオークションにかけられた事があるのだが、スミソニアン博物館が展示用にソ連から買ったのを含め、その後も何回か出品された分を合わせると明らかに作られた以上の「予備機」が存在するという。なんでもロシアではスプートニク1号のレプリカを作るのが立派なビジネスになっているそうなので、今でも「予備機」はせっせと増えているに違いない。

|

« キャリアパスの話し | Main | Microsoft Wordの歴史からX-Box360を考察する »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/8166410

Listed below are links to weblogs that reference eBayで売られたロシアのミサイルの発射キー:

« キャリアパスの話し | Main | Microsoft Wordの歴史からX-Box360を考察する »