« 何とか日本にたどり着く | Main | 唐辛子の恐怖 »

February 13, 2006

タイの眠り

 タイを旅行中感じたのは、昼間は暑くて仕事にならないからだろうか。至る所で昼寝をする人を見かけたことだ。
そして眠るのは人間だけではない、ちょっとした木陰や寺院の中など至る所で人間よりもよく見かけるのが、昼寝をする犬である。ガイドさんの話によるともともとタイでは犬好きの人が多いせいもあり、また人もそうだが犬はさらにのんびりしているのか、道の真ん中で寝ていても誰も恐れることもなく、踏まれもしなければ追い立てられることもなく寝ていられるようだった。

sleep_dog1
sleep_dog2
sleep_girl1
 写真はその中で、タトゥーのお店(なぜかタイでは観光客向けのなんちゃってタトゥーのお店が至るところにあり、白人連中がいろんな所に入れてもらっているのだが)のメニューの下で我が物顔に寝る犬と、寺院の隠れた隙間で眠っていた子犬たち。そしてカオサンロードの洋服&生地屋さんの商品の中に埋もれて寝ていた少女のカット。みなとても気持ちよさそうに寝ていて、不眠症気味の自分には羨ましい光景だった。

|

« 何とか日本にたどり着く | Main | 唐辛子の恐怖 »

Comments

おかえりなさい。
いい休養になりましたか?

それにしても、
人も犬も寝顔って最高ですね。
もう少し起きてオリンピックの続き・・・
っと思ってたのだけど、
眠気を誘われてしまいました・・・。

Posted by: うてな | February 13, 2006 at 02:04 AM

強行旅行から無事(?)お帰りになられてなりよりです。

子犬かわいいですね!
犬が(猫もだといいけれど)のんびりしていられる風土っていいですね。

Posted by: かおる | February 13, 2006 at 02:54 PM

コメントありがとうございます。
おかげさまで何とか無事(?)に帰ってきました。眠りの話を書いたせいじゃないけど、旅疲れと時差ぼけで眠くてたまりません。次回はもうちょっとゆとりを持って回りたいなと思っています。

Posted by: doku(fukuma) | February 14, 2006 at 12:34 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/8631244

Listed below are links to weblogs that reference タイの眠り:

« 何とか日本にたどり着く | Main | 唐辛子の恐怖 »