« 本を読ませたがる男 | Main | 日本酒の覚え書き »

March 11, 2006

日本の核開発能力を検証する(2)

 以前、軍事研究(ジャパンミリタリーレビュー社発行)の2005年8月号の「国産による日本核弾頭開発計画」を引く形で日本の核武装の可能性について書いたことがあるが、さらに状況が進んでいるみたいなので改めて取り上げてみたいと思う。
 以前も既に日本は核武装に必要な技術はほぼ全て揃っていることには触れたが、なんでも早雲さんのBlog「晴耕雨読」によればさらに軍事用プルトニウム制作に必要な小型遠心分離器が高速増殖炉「常陽」と「もんじゅ」の燃料再処理用と言う名目でアメリカから購入し、さらに水爆に必要なトリチウムも核融合実験炉ITER(イータ)を誘致すれば実験用に大量に保有できる言うのだ。幸か不幸かITERの誘致には失敗したが、それでも実は実験炉「ぶげん」内部でトリチウムが作られているのでこれを転用すれば問題ない(追記:調べたところこれらで作られる量では足りないらしい。ただし肝心の水爆に必要な重水素化リチウムの製造・入手方法は不明な点が多い為、正確なところは分からなかった)。さらに前回の検証では大陸間弾道弾(ICBM)を作る技術はあってもサイロなど発射基地の問題があると言ったがこれもトマホークのような巡航ミサイルを使えば解決する。(タイミング良くと言うべきだろうか平成16年度の政策提言研究における「専守防衛に関する提言」では状況に応じ敵ミサイル基地等を攻撃できる能力・体制が提言されているが、これが巡航ミサイル保有に繋がるとも言われている。)巡航ミサイルに必要なデジタルマップに関してもハードルはクリアしている。今年の頭に打ち上げられた観測技術衛星「だいち」は合成開口レーダを搭載し詳細なデジタルマップを作成することが出来るのだ。その精度は標準偏差で約31m以下であり、アメリカが軍事転用を恐れて制限をかけた100mの精度をクリアしている。
 こうしてみると日本は核武装はしていないものの、あらゆる非核諸国の中でもっとも核武装に近い国だと言われるのがよく分かる。

参考Link:
日本の核開発能力を検証する
日本の核開発能力を検証する(3)

|

« 本を読ませたがる男 | Main | 日本酒の覚え書き »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/9031091

Listed below are links to weblogs that reference 日本の核開発能力を検証する(2):

» 日本の核兵器製造能力 [晴耕雨読]
前エントリー「わが国の核政策史」の続編です。 槌田氏の2002年10月14日、盛岡での講演録からの抜粋です。 多くの日本人は、日本の核武装はアメリカが許さないと考えています。しかし、アメリカはすでに方針を変更しています。日本がアメリカの管理のもとに核兵器を作ることを許しています。そのことは、高速炉『常陽』と『もんじゅ』の使用済み燃料を再処理する技術をアメリカは日本に売ったことで明らかです。 【日本の核兵器製造能力】  核兵器は2種類あります、ひとつは広島型の原爆、これはリトルボーイ(小さな男の... [Read More]

Tracked on March 11, 2006 at 12:32 PM

» 原子力とは核融合と核分裂 [日暮れて途遠し]
晴耕雨読ブログ早雲さんより、「わが国の核政策史」に続き「日本の核兵器製造能力」のTBいただきました。難しいテクニカルワードが沢山でてきますので、自分の頭整理の意味で、以前に偶然雑誌で読んでその科学的説明の分かり易さに感心してコピーしておいた資料をご紹介します。 名古屋大学教授(2003/10時点)、原子力安全委員会委員を務められた金川昭氏がScience & Technology Journalという科学雑誌に書かれたコラムで�... [Read More]

Tracked on March 11, 2006 at 08:05 PM

« 本を読ませたがる男 | Main | 日本酒の覚え書き »