« 寝る力 | Main | 無慈悲で冷たい社会 »

April 19, 2006

ウラン239にはクロームメッキ(シベリアでも凍え知らず)

 ネタ切れなので以前、「「ポレオット/POLJOT」etcについて語ろう」で紹介された逸話を紹介しよう。

スターリン同志はソ連で初めて出来上がったウラン239の玉(コア)を前にえらく不機嫌になっていた。 それは空気中で燃焼しないようクロームメッキが施され、やけにピカピカと光っていた。 つまり同志はこれをフェイクではないかといぶかっていたのだ。

そこで震え上がった科学者は本物なら崩壊熱で暖かいから部下にでも触らせたらどうかと進言した。 すると同志は自分でそれをひっ掴み、なで回すと途端にニヤニヤしはじめたと言う。

|

« 寝る力 | Main | 無慈悲で冷たい社会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/9662214

Listed below are links to weblogs that reference ウラン239にはクロームメッキ(シベリアでも凍え知らず) :

« 寝る力 | Main | 無慈悲で冷たい社会 »