« ホワイトカラー・エグゼンプションで情報漏洩が減る日 | Main | セキュリティと過去の仕事例 »

May 10, 2006

スパムメール考

 仕事柄、オープンにしているメールアドレスがあるせいもあって毎日結構な数のスパムメールが届くようになってきた。
 同じような境遇(仕事柄公開メールアドレスを持たざる得ない)の人は皆、それぞれ工夫しているようだが私の場合、MacintoshのMailに初めからかなり優秀なスパムフィルターが付いているので、これを使うことでほぼ100%防いでいる。数少ない例外はスパムメールの分際で重要度を最高にして送りつけてくる奴で、どうも律儀に重要度を見ているらしくこれがしょっちゅうすり抜けてやってくる。思うのだが、Mailの重要度もインフレ化がかなり進んでいるのではないだろうか。たいてい重要度の高いものが一番、どうでもいい内容だったりするからだ。
 こうして今ではmail Boxは静寂を保っているのだが一つ重大な問題が残っている。それはたまに重要なメールさえもがゴミ箱に落とされてしまうのだ。一番、多いのは新規クライアントからの仕事依頼のメールでこれはまず100%落とされる。また友人それも女の子からのメールも100%ゴミ箱に落とされるといっても過言ではないだろう。それというものいまいましいスパムメールが巧妙に仕事のメールや女性のメール(これはほぼ間違いなく出会い系のメールだ)を装ってくるので、フィルターがそのスタイルを学習してしまっているためだ。2回目以降はアドレスを登録しておくので間違いは無くなるのだが、新規クライアントのメールを落とされるのはかなり痛い。
 おかげで、最近もあやうく仕事を落とすところであった。スパマーどもにロシアの有名スパマーのような災いがありますように!

|

« ホワイトカラー・エグゼンプションで情報漏洩が減る日 | Main | セキュリティと過去の仕事例 »

Comments

遅いレスで失礼します。こんばんは。
ロシアのスパマーは結局、スパムとは関係なく強盗に殺されたという話らしいのですが、そうであっても「悪業が巡り巡って…」などとつい考えちゃいます。
電子メールは便利で素晴らしいのですが、スパムのおかげでその利点も半分ぐらいは損なわれているような気がします。
一つ便利なものができるとたちまち悪用されるのは避けがたいのでしょうかねえ。

Posted by: ぺり公 | May 13, 2006 at 02:13 AM

こんにちはぺり公さん。まあ、いくらスパムがうっとうしくても殺しちゃいけないわけですが、さすがに仕事に支障が出ると何とかならんのかと思っちゃいますよね。
当分イタチごっこが続くんでしょうか。

Posted by: doku(fukuma) | May 14, 2006 at 12:47 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/9998622

Listed below are links to weblogs that reference スパムメール考:

« ホワイトカラー・エグゼンプションで情報漏洩が減る日 | Main | セキュリティと過去の仕事例 »