« 仕事場の自由な服装 | Main | 時間がないときの昼食 »

June 22, 2006

君が代斉唱を強要する人々

 埼玉県戸田市の伊藤良一教育長が同市立小中学校の卒業式や入学式の君が代斉唱で起立しない来賓や保護者に対し「はらわたが煮えくりかえる」と答弁、調査する方針を示しているそうだ。職員ならともかく来賓や保護者に対しては何ら権限が無いはずなのに、いったいどうするつもりだろう。東京都品川区でやったように、起立しなかった来賓に対しては2度と式典には招待しないつもりなのだろうか。そもそも君が代にかんしては法制化された時に「強制しない」と明言したくだりもあるのだがどうやらそんなことはすっかり忘れ去られているようだ。
 こうした自分がどう思われているかなどお構いなく、ひたすら他人に対し愛することを強要する様はストーカーじみているとしか思えない。そもそも愛国心は強要される者ではなくて自主的に好きになるものだろう。それに政治や行政に関わる人間は強制するのではなく、国民がこの国を愛せるような国にすることが仕事ではないだろうか。
 
「起立せぬ親と来賓調査 君が代、式典で徹底図る」を受けて

|

« 仕事場の自由な服装 | Main | 時間がないときの昼食 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/10627824

Listed below are links to weblogs that reference 君が代斉唱を強要する人々:

« 仕事場の自由な服装 | Main | 時間がないときの昼食 »