« 休日のランチ新宿編 | Main | しめじとニンニクのパスタ »

June 05, 2006

相互監視社会化する日本

 6月1日から駐車取り締まりが民間依託された。ニュースによれば絶大な効果が上がってはいるものの短時間でも車を離れると違反と見なされるため、宅配・コンビニ業界にはえらく不評らしい。それにしても官から民へのかけ声では無いが、昔なら民間委託など考えられなかった治安維持などの分野まで民間委託が進んでいる。ざっと思いつくだけでも今回の駐車違反取り締まり、そして2009年から始まる裁判員(もちろんこれは民間委託ではないが、これまで民間人とは無縁の法曹界に民間人が関わると言うことでとりあげている)、さらにインターネット・ホットラインセンターというのも始まっている。これはインターネット上の有害情報を規制するために利用者からの通知を受けて警察への通報やプロバイダやサイト管理者への違法・有害コンテンツの削除依頼を出す役割を持つと言うものだ。
 こうした民間への依託によって一見、行政のスリム化が進んでいるように見える影で実は警察などの利権構造は温存されたままであるらしい。

駐車取り締まり 民間業者74社に警官天下り先も 2006年06月01日09時57分(朝日新聞)

 駐車違反の取り締まり強化と、違法車両の確認業務の民間委託が1日から始まる。これらを請け負う全国74法人の中には、利害関係を疑われる企業や、警察官の再就職先として知られている法人もあった。どのような基準でこれらの法人は選ばれたのか。
 全国の都道府県警察は、それぞれ競争入札で委託法人を決めた。競争入札の仕組みについて、警察庁は、価格と評価を合わせた総合評価制度による決定が好ましいとの通達を出している。「公共性の高い職務ゆえ『安かろう悪かろう』を防ぐためです」
 この制度では、安いほど高くなる価格点、「公平性」「適正性」「確実性」から判断される評価点の合計100点満点で最高点の業者が落札する。だが、18県は最低価格だけで業者を決めていた。福島県警は「条例の制定が遅れたため、作業が間に合わなかった」と話す。
 総合評価制度も万能ではない。評価の配点などは各都道府県警に委ねられている。導入した29都道府県のうち回答しない6県をのぞく23都道府県で見ると、「公平性」への配点は平均6.6点。「みなし公務員」として期待される業務の公平性は、それほど重視されていないようだ。
 最低の3点を配点した三重県警は「何をもって公平とするか判断しづらく、不公平にならないように小さくした」。最高の14点とした茨城県警でも「ほとんど差がつかなかったので、来年から配点を小さくする」。  また、74法人のうち、少なくとも36法人が警察OBを受け入れている。
 関西地方で落札した企業の担当者は、警察OBがいたから落札できたのかもと考えている。「3地区で入札に参加したが、落とせたのは、取り締まりの責任者に警察OBをあてていた地区だった」と声をひそめる。

以上は駐車取り締まりの話だが、インターネット・ホットラインセンターに関しても一方で規制対象者への理由の開示義務がなかったり、異議申し立てが出来なかったり、民間団体なのに警察庁と総務省が深く関与しているなどさまざまな問題が指摘されている
 こうして役所(=警察)が本来すべき仕事を、民間に丸投げして、民間の監視機関に国民の不満を集中させる仕組みが作られつつある訳だが、怖いのはそれに市民が協力するようになった時である。モーニングに連載されている漫画「ジパング」の中で角松と篠原が特高に捕まってなぶり殺しに合うエピソードがあるが、そのときにも逮捕のきっかけになったのは喫茶店の中でアメリカとの和平などについて話していたのを善良な市民が通報したのがきっかけだった。そういえばタイミング良く今、共謀罪が国会で可決するか否かと言う状態になっているが、可決された暁にはきっと善良な市民の通報が相次いで喫茶店や飲み屋で床屋談義も出来なくなるのかも知れない。

参考Link:「インターネット・ホットラインセンター」が運用開始
スラッユドットのトピック

|

« 休日のランチ新宿編 | Main | しめじとニンニクのパスタ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/10355509

Listed below are links to weblogs that reference 相互監視社会化する日本:

» 緊急事態発生!!(2) ━通報せよ!━ [闇 ノ 覇 者]
[PR]コンテンツマッチ広告のブレイナー[PR] ★携帯用スポンサー★ (承前)  知っている人は知っているが、さる6月1日より「有害サイト」、と思しき所を自由に通報出来る所が出来た。然しながら、先に紹介したような組織に中立的な判断が出来るとは思えず、他にも怪....... [Read More]

Tracked on June 08, 2006 at 10:27 PM

» 「自分は関係無い」が許されない問題 ━違憲組織・インターネットホットラインセンターによる"ネット弾圧"(1)━ [闇 ノ 覇 者]
[PR]コンテンツマッチ広告のブレイナー[PR]  今回より、サブカルチャーを理解する能力の無い者共による不当な検閲並びに表現弾圧・極東三馬鹿国家(厨國・姦國・キム朝鮮)の如き言論統制・ネット社会についていけないアナクロのネット規制etc.を企てている民間違憲組....... [Read More]

Tracked on June 21, 2006 at 01:44 PM

« 休日のランチ新宿編 | Main | しめじとニンニクのパスタ »