« TS-E24mm試し撮り | Main | 図書館戦争(誰のために何の本を入れるのか) »

July 23, 2006

偵察衛星に関するメモ

 たまたま調べものをしたついでに偵察衛星に関する資料が見つかったのでここに保存しておく。一つは2chの「【IGS】スパイ衛星専用スレッド」で見つけたアメリカ偵察衛星KH-12(IKON)の画像群である。

ロシアの航空母艦 Varyag 75% まで建造進んでいたが、財政難で放置。

中国の爆撃機 BD-6,空中給油機に改造され、これにより中国空軍の戦略的展開能力が増大した。

スーダンの薬品工場だ(1998)、アルカイダの化学プラントの偽装だったといわ れ、爆撃された。

アフガニスタンのアルカイダのキャンプの一つ、1998 年撮影。

解像度を見ると現在の最新商業画像衛星ジオアイよりも劣るものだが、公開された時期に注目して欲しい。この時期の商業画像衛星の解像度は10m以上のものしか無かったのだ。アメリカの画像偵察衛星は分かっている情報では今でもこのKH-12シリーズが中心になっている筈だが2003年の時点で3代目になっている。当然、少しずつ改良が加えられている筈なので今の解像度はこれよりも遙かに上回っていると見るべきだろう。(また公開された画像の解像度がMaxでない可能性も高い)

 次は珍しいインドの偵察衛星の情報。名称は技術試験衛星だが実体は偵察衛星だと言われている。公表された画像の解像度は1mで、これは同時に公開された(入手できず)画像からも実証されている。日本の情報収集衛星の解像度が同様の1mだが、こちらの画像は1枚も公開されず実際の解像度は2〜3mではないかと言われているのに比べると驚くほどの能力だ。とはいえ、インドはあまり知られていないものの宇宙開発技術ではかなりの先進国で独自のロケットから衛星まで保有しているのでそれを考えればむしろ妥当な能力とも言えるだろう。余談ながら付け加えるとインドのロケット技術も中国同様に軍と一体になっている。核保有国としてこの手のジャンルに力を注ぐのは当然の事なのかも知れない。

|

« TS-E24mm試し撮り | Main | 図書館戦争(誰のために何の本を入れるのか) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/11063963

Listed below are links to weblogs that reference 偵察衛星に関するメモ:

« TS-E24mm試し撮り | Main | 図書館戦争(誰のために何の本を入れるのか) »