« 李白を入手する | Main | 国産偵察衛星および早期警戒衛星に関する補足 »

July 04, 2006

消滅する社会福祉

いくつかのメディアで報道されたが小泉首相が22日の経済財政諮問会議で以下のような発言をしていたらしい。

2006年06月27日22時56分
 小泉首相が22日の経済財政諮問会議で「歳出をどんどん切り詰めていけば『やめてほしい』という声が出てくる。増税してもいいから必要な施策をやってくれ、という状況になるまで、歳出を徹底的にカットしないといけない」と発言していたことがわかった。27日に公表された会議の議事録で明らかになった。
 首相は「ヨーロッパを見ると野党が(増税を)提案するようになっている」と、欧州の消費税をめぐる論議を引き合いに出し、増税には徹底した歳出削減が必要との考えを強調した。
asahi.com

 日本はますます新自由主義が広まりつつあるようだが、すでに北九州市では本来時効のあるはずの国保の支払期限を無期に延長される誓約書を書かされ、支払うことができなかったため保険証をとりあげられ、窓口で10割の負担を支払うようにされたり(参照1)、生活保護の窓口で警察OBがまるで尋問するような調子で対応したりしていると言う。おかげで北九州市門司区では4月から餓死・孤独死が連続して起きている有様なのだが、ここが今では生活保護行政の最先端を突っ走っていると評価されているのだ。
 以前書いたように社会の余裕が無くなればますます人々は他人に対する関心や配慮を無くしていく、こうした福祉を軽視する人たちは「自分自身が介護を受ける」と言う可能性を全く考えていないに違いない。そういえば日本の尊厳死協会の会員数は現在10万人を超えているが、それが「役に立たなくなった私は人様に迷惑をかけてまで生きたくない」と言う思想と結びつき、それを選ばない人は社会の荷物と言うレッテルが貼られるようになれば恐ろしい未来が来るだろう。
 私たちの将来は暗い見通しが広がっているように思えてならない。

関連Link:増税してくれと言うまで削れ
小児科医を経営する立場から見た医療現場からの考察が参考になる。

|

« 李白を入手する | Main | 国産偵察衛星および早期警戒衛星に関する補足 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/10780880

Listed below are links to weblogs that reference 消滅する社会福祉:

« 李白を入手する | Main | 国産偵察衛星および早期警戒衛星に関する補足 »