« サンクトペテルブルク・サミット小話 | Main | 増殖する葛 »

August 23, 2006

夏の寝床と枕の話

 最近寝付きが悪くてかなわない。ようやく買い換えたマットレスが合わないのか、単に蒸し暑いせいなのか判らないが、夜中にしょっちゅう目が覚めるのだ。しかも先日などはヤブ蚊襲撃のおまけまでついてきた。
 さらにこれだけ寝苦しいにも関わらず、我が家では未だにクーラーというものない。そんなわけで、昔書いたセーターとお風呂の温度の話ではないが、夏もこちらの好みに関係なく気温に合わせて変えざる得ないものがあることに気がついた。それが寝床と枕である。共に普通の家では夏冬共通でもなんら問題のないものなのだろうが、築20年以上の我が家ではいろいろと問題があるのである。
 まず枕だが、低反発枕を実家からくすねてきたところ非常に快適だったのだが、夏になると頭にフィットするクッションのおかげで暑くなって適わない。ある日、疲れて昼まで寝ていたときなどあまりの暑さで熱射病気味になってしまい、頭痛までする始末である。
 そして次の寝床だが、湿気がこもらないので快適だと言うショールームのお姉さんの言葉を信じて買ったマットレスは、どうやら我が家では想定使用温度外だったらしく前のマットレスより明らかに暑い気がする。ウールが入っているので恐れてはいたのだが、確かに湿気はこもらないものの熱がこもるのは困ったものだ。それでもこのマットレス、多くのホテルを初め皇室まで使っているという代物なのに、こうした話を聞かないところを見るとやはり我が家の暑さは特別なのかも知れない。
 それにしても日本人が何故ベットよりも硬い畳に布団を好むのかようやくこれで判った気がする。温度に合わせてマットレスを変えることは出来ないが、布団なら種類はもちろん寝る場所さえも簡単に変えることも出来るだろう。どうやら古い家では睡眠に関しても伝統的な日本のスタイルがもっとも快適に過ごせるようである。
 かくして夏は枕をソバ殻のものにして、ささやかな抵抗を試みているところだが、いよいよ熱帯夜がひどくなったらゴザでも引いて畳の上で寝た方が良いのかも知れない。

|

« サンクトペテルブルク・サミット小話 | Main | 増殖する葛 »

Comments

古い家って暑いですよね・・・
我が家も相当古いので、こもった熱もなかなかはけずに
仕事終わって帰るとかなり恐怖です。

先日、雑誌で読んだんですけど、
頭寒足風が快適に寝やすいんだそうです。
うちは、夏は枕はバスタオル&アイスノン(今は雪枕ってのを使ってます)に変えてます。

後、訪問先で、知ったのですが、αゲルを使用してるマットが、
熱のこもりをかなり軽減してくれるみたいです。
買うと結構高いんですけどね。
体圧分散のマットなんで介護保険で1割負担でレンタルしたその方をとてもうらやましく思ったとこです。

Posted by: うてな | August 24, 2006 at 11:03 PM

こんにちは、うてなさん。古い家は夏涼しく造られている筈なのですが、最近は昔に比べて暑すぎるのかさすがに耐え難いものがありますよね。
アイスノンを枕に使う方法、早速試してみたいと思います。

Posted by: doku(fukuma) | August 24, 2006 at 11:39 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/11565439

Listed below are links to weblogs that reference 夏の寝床と枕の話:

« サンクトペテルブルク・サミット小話 | Main | 増殖する葛 »