« ミニチュア椅子の食玩 | Main | 3年ぶりのデジタルイメージ展 »

September 03, 2006

IDEE、無印良品の傘下に

 セレクトショップを展開しまた独自のブランドとして生活雑貨や家具などを扱っているIDEE(株式会社イデー)が無印良品の傘下に入ることになったという。

 家具・インテリア等のホームファーニシングの小売・卸売を事業とする株式会社イデーが持つ「IDEE」ブランドは、当社が展開する「無印良品」ブランドと同様に完全なる日本発のグローバルブランドという点で共通し、高い将来性が期待されます。
 今回の事業譲受を通じ、双方の更なるブランド価値の向上を図るため、相互が保有する様々な経営資源、ノウハウを共有することで株式会社イデーの持つ創造性、独自性を更に発展させ、良品計画グループの新たな成長軸のひとつとし、グループ全体の企業価値向上を目指してまいります。
良品計画

 これについて言及してるBlogなどでも書かれていたが、IDEEの売りは他とは違う高級ブランドと言うイメージで、買っている側の意識の中にも無印などとは違うと言う自尊心が底辺にあったと思うのだが、これでどうなるのかちょっと見物だ。まあ、実はブランドなどは単なるイメージで大抵のものは中国や東南アジアの工場で作られているし、あのLeicaのレンズだってその多くはSIGMA製だったりするので、中身は一緒なのだが…。

 ところでもう一点これで思ったのは、いよいよインテリア・家具業界も車などのように世界的に大手の寡占化がすすみ、好調な一部大手とそれ以外と言う二極分化が進んできたと言うことだろう。インテリア・家具業界の各社の決算報告などを見ると分かるが、今業績がいい家具メーカーは皆大手(大塚家具・オカムラ・コクヨ)ばかりなのに対し、中小のメーカーは例え良いものを作っているところでもかなり厳しいのが実情だ。実際この前は柳宗理氏デザインの曲げ木ダイニングチェアを初め素晴らしい製品を数多く作っている秋田木工の自主再建が失敗し大塚家具の傘下に入ったというニュースも流れている。いずれにせよ、勝ち組の大手販売店には買収したメーカーが作っていた良い製品を守ってもらいたい。

|

« ミニチュア椅子の食玩 | Main | 3年ぶりのデジタルイメージ展 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/11728368

Listed below are links to weblogs that reference IDEE、無印良品の傘下に:

« ミニチュア椅子の食玩 | Main | 3年ぶりのデジタルイメージ展 »