« 情報収集衛星打ち上げ成功 | Main | 傭兵の行く末 »

September 13, 2006

しこたま本を買い込む

 amazonでまとめ買いした本が届き隙を見ながら読んでいる。それしても昔は今よりずっと忙しかった筈だが不思議とゆとりがあった気がするのに、どうして最近はいつも時間が足りないのだろうか。
購入した本は以下の通り。

Satellites:Photographs form the Friges of the Former Soviet Union
以前触れたジョナス・ベンディクセンの写真集

宇宙の果てまで-すばる大望遠鏡プロジェクト20年の軌跡
世界最大級の望遠鏡「すばる」の統括推進役を務めた天文学者の手記。固い内容かと思いきやそこに書かれている内容は、科学の領域ばかりでなく今の日本の科学技術のあり方、政治システム、官僚機構などの多くの美点、問題点を浮き彫りにしてかつ人生ドラマとしても秀逸な内容だった。これだけの大プロジェクトを進めるに当たっての心労は尋常ではないのだろう。関係者の多くが激務で心身を壊していくエピソードが印象深い。

宇宙へのパスポート(3)
ARIELの著者、笹本祐一氏による宇宙ロケット打ち上げレポートの3巻目。相変わらず素晴らしい内容。宇宙・SF・航空機好きなら迷わず読むべし。

月に行こうか、火星に行くか
純国産HIIロケットの開発責任者であり、宇宙開発の歴史と現場を知り尽くした著者による、月と火星探査にまつわる歴史と日本のアプローチ。とても判りやすく易しい言葉で書かれているので、あまり宇宙開発に詳しくない人でも十分読める内容で、しかも現場の人間ならではの愛情と観察に満ちている。

アウトサイダー・アート
以前書いたこともあるヘンリー・ダーガーを初めとしたアウトサイダー・アートの作品集。正規の美術訓練も受けず、世間で評価されることもなくただひたすら作品を作り続けた彼・彼女らの作品に心を打たれる。

|

« 情報収集衛星打ち上げ成功 | Main | 傭兵の行く末 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/11874571

Listed below are links to weblogs that reference しこたま本を買い込む:

« 情報収集衛星打ち上げ成功 | Main | 傭兵の行く末 »