« 日本版“Make:”は実はラジオライフなのかも知れない | Main | 牡蠣のオリーブオイル掛けを真似して作る »

November 27, 2006

ヨドバシカメラでLeica M8を触ってみた

Leicam8
 今日たまたま新宿のヨドバシカメラの前を通ったところ、なんとLeica M8の店頭デモをやっていた。しかも付いているレンズはノクチルックス1.0と来たもんだから驚きだ。この組み合わせで軽く80万は超えているのでは無いだろうか。しかもこれだけの高級カメラだから皆恐れ多くて触ろうとしないのか、それとも一般の人には単なるコンパクトデジカメにしか見えないせいか心ゆくまで触ってこれた。
 雑誌やWebに載っている写真だと結構ちゃちに見えるM8だが、実機を触ってみるとその重量感と精密感あふれる操作感はやはりLeicaだけの事はある。触っているとどんどん欲しい気持ちが湧いてくるから恐ろしい。操作感はまるで普通のLeicaそのものでこれまで塩銀カメラのLeicaシリーズを使っていた人なら全く違和感なく移行できる事だろう。なんでも最初は「デジタルのLeicaなんて」と思われていたM8だが、実際に触ってみると想像以上の出来映えで、かなり売れるのでは無いかと予想されているそうだ。とは言えこれだけの高額商品である、代わりにこれまで使っていたボディを手放す人も続出しそうで、中古市場では今からLeica Mシリーズのボディの値崩れが懸念されていると言う。
 私もとても買う金などないのだが、これまでの沢山のレンズを生かすことも考えるといつかは手に入れたいと思っている。

|

« 日本版“Make:”は実はラジオライフなのかも知れない | Main | 牡蠣のオリーブオイル掛けを真似して作る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/12839357

Listed below are links to weblogs that reference ヨドバシカメラでLeica M8を触ってみた:

« 日本版“Make:”は実はラジオライフなのかも知れない | Main | 牡蠣のオリーブオイル掛けを真似して作る »