« 忙しかった時を振り返る | Main | 一方ソ連は鉛筆を使った »

January 01, 2007

ホバリングへの道4

 正月休みを良いことに、昼間から飲んだくれたり、ラジコンヘリ三昧の生活を送っている。問題なのはこの2つが両立しがたい事である。幸いXRBは墜落しても人身事故とは無縁な機体なのはいいとしても、やっぱり財布のダメージは避けられない。その点ではラジコンヘリは(飲み過ぎを抑制するという意味で)健康に優しい趣味といえるだろう。
 今日はあまりにホバリングで安定しないので、自分のローターの起こす風の吹き返しを避けるために窓を開け放って飛ばしてみた。外が無風ならこれで壁に当たって戻っているローターの風を防げるはずだ。
 結果は上々でようやく目の高さぐらいである程度安定してホバリングを持続させることに成功した。とはいえ外にちょっとでも風が出てくると、今度はその影響で不安定になるようである。なんでもネットの情報によればXRBは完全室内専用機なのでタバコの煙がたなびくほどの風でも影響を受けるらしい。こいつを本当に楽しむためには少なくとも8畳以上の広さが必要なのだろう。

|

« 忙しかった時を振り返る | Main | 一方ソ連は鉛筆を使った »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/13292793

Listed below are links to weblogs that reference ホバリングへの道4:

« 忙しかった時を振り返る | Main | 一方ソ連は鉛筆を使った »