« 暗礁にのりあげそうなGalileoと順調に進むGlonass | Main | 今年はメディカルツーリズムが一般化するのだろうか »

January 27, 2007

医療崩壊への道

最近、医療関係者の方のBlogを読んでいるのだが、私たちが想像する以上に現場の状況は悪化しているようだ。そして今年になってからは多くの医療系Blogでは崩壊は秒読み段階に入っていると言うショッキングな報告が相次いでいる。本当はそれらを上手くまとめて書きたいのだが、専門的なジャンルなので手が出せない状況だ。そこで「新小児科医のつぶやき」さんのコメントに良くまとまったコピペが貼られていたのでそれを紹介しておこう。

# 774氏 『 医療崩壊のまとめ(某スレより、一部改変):良くまとまっていると思い、申し訳ありませんが、コピペさせていただきます。

総論:勘違いっていうか勤務医師不足は以前から指摘されてたけどね。現場が踏ん張ってきたけど。踏ん張っていた人を犯罪人扱いし始めた(福島・奈良の件ね)のが崩壊の決定打だと思うよ。

1.もともと勤務医は不足していた
 勤務医って労働基準法完全無視の状態で働いたからね、もともと不足していたw。自らの使命感に燃えて、患者の生命優先で働くと昼夜問わず働かないといけなかったけど、昨今の情勢(福島・奈良事件等)でトサカにきた勤務医が燃え尽きて遵法闘争または逃散を始めてしまったと。そしたら足らなくなるのは当然だわ。

2.医師数の捏造
 厚生労働省は医師数は増加してると言うけど、引退した人完全無視だもんねw 医師免許持ってて別の仕事してる人とか 寿退職した女医とか無視。実労勤務医師数は減ってるよ間違いなくw あと、医師数を抑制していたのは医師会とか言う人いるけど少しぐぐれば分かるよw。違う、医師会にそんな力なんてない しかも医師会は開業医の団体 今不足してるのは勤務医。もし医師会に強い政治力があるとするなら国公立病院の95%以上が赤字になるまで診療報酬が下げられるわけ無いでしょw。医師数を抑制してきたのは財務省の走狗の厚生労働省。医師数の増加=医療費の増大になるからね。

3.女医の増加
 いろいろ言われてるけどやっぱり大きいよこれ。新人医師の4割が女性だとしたらそのうちの何割かは寿退職w んで当直とかの労働しないわけで医療界でも完全に逆差別起こってるし、男性勤務医が奴隷化してるw

4.給与格差
 民間と国公立比べると本当にひどいと思うよ。総合病院で一人の勤務医が稼ぐ金額はおよそ年1億。んで医師の給与は民間約1200-2000に比べ、国公立は800-1600ぐらいだと思う。そりゃ民間に逃げるわ。年400万も差があれば、なんでこんなに差が出るんでしょうねw

5.医師の労働量の増大
 医療が高度化するとやること増えるのはわかるよね。あと、インフォームド・コンセントwとか患者に説明する時間も必要になった。しかも訴訟対策用にね。昔は「お任せします」の方が多かったけど、今はそうじゃないからね。あと 何回も説明求める患者もいる。無い時間をなんとか作って説明するけど、医療側からすると説明って1円にもならない。

6.高齢化社会
 まぁ言わずもがなw 散々やりたい放題してきた団塊世代が定年を迎えます。医療が必要になる人口はますます増えます。この世代の血管って今の老人より間違いなくボロボロ;脳卒中、心筋梗塞、脳血管性痴呆患者は増えてく一方だと思う。今でさえ 需要>供給なのに、それが加速されていく。

んで、医療崩壊なんだが、自由診療にしたがってるグループがあるのよ。
 外資保険会社:世界一と言われる日本人の預貯金を虎視眈々と狙ってます。
 厚生労働省:国民の健康より天下り先の確保と財務省を怒らせないために医療費の抑制しか考えてませんw
 あと、援護射撃してる一群
 マスコミ:外資保険会社に逆らえませんw 捏造・恣意的報道なんでもありです。
 司法:なんだか良く分からないけど医療にも業務上過失致死だそうですw 現場からしたら防衛医療に徹するしかなくなるわけですが。
 DQN患者群:これはどの職業でもあるでしょうね でもこの状況では診療を断れるほうに逃げるのは当然でしょうw

それにしても日本の医療保険制度の重要性と、崩壊の危険性はずいぶん前からいろんな所で目にしていたにもかかわらず、結局は大して取り上げられることなくここまで来てしまったことが残念でならない。
イギリスの思想家カーライルの有名な格言に「経験は最良の教師である。ただし授業料が高すぎる。」と言うのがあるが結局、私たちは失ってからその大切さを痛感することになるのだろう。

追記:新小児科医のつぶやき - デスマーチ・プロジェクト
同じ「新小児科医のつぶやき」の新しい記事が同じテーマでさらに突っ込んで書いてあったのでLinkを追加した。

|

« 暗礁にのりあげそうなGalileoと順調に進むGlonass | Main | 今年はメディカルツーリズムが一般化するのだろうか »

Comments

医療崩壊ー地域医療の崩壊は、今国民的な関心になっていると思いますが、わたしの知人の開業医の先生が最近、このテーマで執筆されています。
この本によると、その崩壊の主な責任は、医療行政の問題にあると指摘しています。つまり、医療費など年間2200億円削減のしわ寄せを、地域の医療現場に押しつけているとのことです。
このような、一開業の方々を含めて、現場の医療関係者から様々な議論が巻き起こってくることを期待したいところです。
『医は仁術か算術か―田舎医者モノ申す』(定塚甫著・社会批評社・1500円)
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/shakai/top/80-9.htm

Posted by: 堀口舞 | October 22, 2008 at 05:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/13648595

Listed below are links to weblogs that reference 医療崩壊への道:

» 生命保険の歴史 [保険をわかりやすく解説。]
医療保険について解説しています。よかったら見に来てください。 [Read More]

Tracked on February 02, 2007 at 06:52 AM

« 暗礁にのりあげそうなGalileoと順調に進むGlonass | Main | 今年はメディカルツーリズムが一般化するのだろうか »