« 歩兵用レーザー兵器を考察する | Main | 自分用のWeb記事のクリップ »

February 23, 2007

実在する高エネルギー・レーザー兵器

 動画はアメリカとイスラエルが共同で開発中の戦術高エネルギー・レーザー兵器(THEL)のデモ画像。ミサイルや砲弾の迎撃など華やかな成果を上げているように見えるが、未だに実現には多くの難題が残されているという。
 その一つは装置の小型化(映像の発射装置の他に、レーダーなどの制御システムが必要で本体は車両数台からなる大がかりな物である)で、もう一点は取り扱うエネルギー源の問題である。本システムはフッ化重水素(DF)化学レーザーを用いてるが、フッ化水素は猛毒の物質で人に対する最小致死量は1.5gであり、取り扱いには十分な注意が必要なのだ。しかも現状での射程はこれだけの大きさでありながらわずか数kmしかない状況では近距離防衛兵器ぐらいにしかならないだろう。
 ついでに解説すると映像では発射中は白黒の画面になるが、これは赤外線が目に見えないため、検証用に赤外線カメラで撮影した画像だからである(肉眼では発射中も光線は目に見えない)。またサーモグラフィの画像を見ると発射中は膨大な廃熱が本体から出されているのが見受けられる。

関連Link:
戦術高エネルギー・レーザー兵器(米・イスラエル)レーザーで目標を破壊(7/22)
防衛問題の専門紙:朝雲新聞の記事
実在するレーザー兵器2
その後もう少しどんなものか調べてみた

|

« 歩兵用レーザー兵器を考察する | Main | 自分用のWeb記事のクリップ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/14013529

Listed below are links to weblogs that reference 実在する高エネルギー・レーザー兵器:

« 歩兵用レーザー兵器を考察する | Main | 自分用のWeb記事のクリップ »