« 夜の架線 | Main | 美しい国の福祉政策 »

March 28, 2007

Blogにまつわる都市伝説

政治系・時治系Blogを書いている人の間に根強くある都市伝説の一つに政治問題(政府批判)、歴史問題、特定団体の批判に関連した話題を書くと、アダルト系などのトラックバックスパム・コメントが山のように付き、記事が秀逸であればあるほどその量が増えていくというのがある。
 これが本当なのかは判らないが、確かにスパムがつきやすい記事には偏りがあるようだ。ある記事には一日に何件もスパムが来るかと思えば、全く付かない記事もある。不思議なのは単なるページビューとも関係がないようで、あまり見られていない記事であってもスパムが来る記事もある。
 私のところだと大体「帰省で見た地方の風景のメモ」や「バグダッドの郵便配達人」などが良くやられて一日に2件も3件もトラックバックスパムが来るので、とうとうその記事だけトラックバックを受け付けなくしてしまった。一時期は「とうとうアンティークROLEXを買ってしまった」もひどかったのだが最近はようやく来なくなった。こうしてみると確かに政治ネタや時治問題を扱った記事が多いような気もするが、それにしては「阿部政権で変わったこと」には来ないのだ。
 最近思っているのは、記事中のキーワードをサーチして自動的にスパムを送るソフトがあって、そのキーワードに反応しているのではないかと思っている。そう考えると「ウォールマート」や「ロレックス」など確かに対象になりそうな単語がこれらの記事には含まれている。だがもっと注目を集めそうな「X-Box」や「IKEA」などのある記事は無事な所を見ると、この仮説も怪しい物だ。
 いずれにせよこうしたスパムが飛び交う限り、都市伝説も消えないだろう。

|

« 夜の架線 | Main | 美しい国の福祉政策 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/14433388

Listed below are links to weblogs that reference Blogにまつわる都市伝説:

« 夜の架線 | Main | 美しい国の福祉政策 »