« TVより口コミが流行る保守化した社会 | Main | 疑惑を解明することこそが 松岡利勝農水相への供養となるだろう »

May 28, 2007

日本のインターネット終了のお知らせ

 前回、床屋談義の乗りでかなり飛ばしたネット統制の話しを書いたが、なんか冗談で無くなりつつある気がしてきた。あの記事以来立て続けにネット上の規制強化に繋がる出来事が続発しているからだ。
まず、画像掲示板「画像ちゃんねる」のサイト運営会社社長らが23日に猥褻画像公然陳列の共犯容疑で逮捕された。ちなみにアップした当人ではなく、アップされたサーバー側の管理者が主犯扱いで逮捕されたのは今回が初めてである。そして、逮捕を恐れた同様のサービスを提供している画像掲示板がその後軒並み閉鎖
続いて25日には東京地裁で個人的用途で使用しているストレージ利用は著作権侵害だと言う判決が出された。これは簡単に言ってしまえば不特定多数で共有できなくても、たった一人の特定ユーザーしか利用出来ない状態で著作権のあるデーターをサーバーに置くことは違法であると言うことで、これが認められてしまうとYahoo!の運営する「Yahoo!ブリーフケース」とかジャストシステムが運営する「インターネットディスク」とかKDDIが運営する「セキュアシェア」とか、そのほかにも「ファイルバンク」とかNTT東日本の「フレッツ・ドット・ネット」もアップルの「.Mac」も何もかもが「違法」だと言うことになってしまうと言うものだ。
 当然ネット上では猛反発が起こっているのは言うまでもない。幸いこれはまだ地裁なので高裁で覆される可能性はあるものの、万が一認められると本当に日本のインターネットサービスは終了しかねない内容なのだ。


終に自民党は電子のマーケットを捨てた。失う利益は多いが、支配者層にとっては、真実を封殺できることのリスクマネージメントの方が100倍重要だからだ。」とまで書いているBlogもあるが、案外冗談でなくそうなるのかも知れない。
私も前回「参院選の為にネットの統制は強化される」と書いた口だが、こればかりは単なる床屋話の陰謀論のままであって欲しい。

関連Link:
スラッシュドットジャパン | 個人用ネットストレージサービスは著作権侵害との判決
GIGEZINE | ネット上にデータを保存するサービスはすべて著作権侵害で違法です

|

« TVより口コミが流行る保守化した社会 | Main | 疑惑を解明することこそが 松岡利勝農水相への供養となるだろう »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/15227962

Listed below are links to weblogs that reference 日本のインターネット終了のお知らせ:

» 画像ちゃんねる [画像ちゃんねる]
画像ちゃんねるの本当の姿に直撃します画像ちゃんねるの疑問を一緒に解き明かそう! [Read More]

Tracked on May 28, 2007 at 05:01 PM

« TVより口コミが流行る保守化した社会 | Main | 疑惑を解明することこそが 松岡利勝農水相への供養となるだろう »