« 日本のインターネット終了のお知らせ | Main | ロシアの女子高生の卒業式 »

May 30, 2007

疑惑を解明することこそが 松岡利勝農水相への供養となるだろう

 28日正午過ぎ新衆議院議員宿舎で自民党衆院議員・松岡利勝農相が自殺した。この件については既にネットなどでも散々取り上げられているので今更、付け足すことはないが一つだけ気になったことがあったので書いておきたい。
 それはよくこうした汚職などに関係した人間が亡くなったときに言われる「そっとしておいて欲しい」と言うことについてである。今回も以下のような事を多くの人が語っている。

「どうして自ら命を絶ったのか。ご本人しかわからぬ事である。第三者が詮索するのは避けるべきだ。」
ムネオ日記 2007年5月

しかしそれは違うだろう。むしろこうしたことが起きて真相が藪の中になってしまえば、今後もこうした事が起こる度に関係者は自分が死ぬことで事態が収拾できると思って自死を選んでしまう。また陰謀論になってしまうが、仮に誰かが事件を葬り去りたいときこうした風潮があれば、関係者が「自殺」することで幕引きを計ることが出来る事になってしまう。むしろこうした事が起きる度に、徹底的にその理由を探るようになれば「自殺」しても無駄だと言うことになり、犠牲者を減らすことに繋がるのではないだろうか。
 それにしても今回の件は怪しいことが多すぎる。ざっと上げただけでも下にリストしたような事が立て続けに起きているのだ。

緑資源疑惑、熊本の36社で談合組織…「公取委に注意を」
誤って証拠品を廃棄、検事正ら6人を処分…東京地検
緑資源談合、前理事が書類廃棄促す…公取委の立ち入り前
松岡農水相 地元秘書?自殺
松岡農水相、林道団体から献金 捜索受けた業者も加入
松岡農相が自殺、議員宿舎で首つり
緑資源機構の山崎元理事がマンションの駐車場で転落死

きちんとした背景を明らかにしない限り、今後もさらに「自殺」者は増えるだろう。

|

« 日本のインターネット終了のお知らせ | Main | ロシアの女子高生の卒業式 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/15251663

Listed below are links to weblogs that reference 疑惑を解明することこそが 松岡利勝農水相への供養となるだろう:

« 日本のインターネット終了のお知らせ | Main | ロシアの女子高生の卒業式 »