« 最近政治・社会ネタを書かない理由 | Main | 病院に行きたければ年金を払え »

June 29, 2007

Webページと作品の憂鬱

 最近、Webの仕事をしておきながら未だに自分のWebを直していない。作った当時はともかくとして今となっては化石のような見た目になってしまっている。
 本当なら直ぐにでも全面的にリニューアルすべきだが、未だにやっていないのはいくつ理由があるからだ。その一つが掲載している過去の作品をどうすべきかと言うものだ。
 Blogと違いWebの方は一応、仕事用と位置づけているので本来ならばフリーのデザイナーとして作品を載せて営業用になるべきものだ。しかし問題なのがその作品で掲載すべきものがない。もちろん新作はあるのだが、公表できない物が多いのだ。それというのも最近は一つの作品と言うよりは素材レベルの仕事が多いからだ。これは多くの仕事でますます大人数化・分業化が進んだためである。例えばゲームでは作るものはビルならビル単体だし、一見花形に見えるメインキャラやロボでさえテクスチャー・モデリング・モーションは殆ど分業化されている。しかも最近はプログラムの制御が進み、動きどころか町の生成までもが自動で行われるようになってきた。こうなってはとても自分の作った物だと言うわけにもいかないし、かといって素材を見せてもしょうがない。さらに守秘義務の関係で公表できない仕事もある。まあ個人作品を作らないのが悪いのだが、そんなわけでどうしても載せられるのは古い作品ばかりになってしまう。
 しかしCGと言うジャンルは技術の進歩のせいもあり、急速に作品は古くなる。技術的なウェイトが高い作品は今の人には何が凄いか解らないし、Web技術の進歩によって他のジャンルの作品もWeb上ではどんどん古くなってくる。昔は転送レートの制限で小さいサイズの絵しか置けなかったのが制限が無くなり、MacやWindowsでガンマが違う問題も解決されたのはありがたいが、おかげで昔の作品は今ではサイズの小さな、色や明るさがきちんと表示されないものとなる訳だ。
 そしてそうしたことを口実に未だに自分のWebページは更新されないまま棚ざらしになっている。

|

« 最近政治・社会ネタを書かない理由 | Main | 病院に行きたければ年金を払え »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/15589584

Listed below are links to weblogs that reference Webページと作品の憂鬱:

« 最近政治・社会ネタを書かない理由 | Main | 病院に行きたければ年金を払え »