« ちょっとしたメモ(日経ビジネスのトヨタの賃金の話し) | Main | 私が中古品を買う理由 »

July 24, 2007

次回参議院選挙で政権交代のミスリードをする人たち

 昨日のネタ絡みでちょっと参議院選挙の話題が出たついでに補足しておくことにする。
まず意外に知られてないようなので驚いたが、今回の参議院選挙は直接国政に結びつくものではない。
 例え参議院で過半数を得たとしても「衆議院優越」の原則により内閣総理大臣の決定権は衆議院にあるからだ。また法案に関しても例え衆議院が反対しても再度、衆議院で賛成すれば成立するので、これも参議院の優越は関係ない。極端な言い方をしてしまうと参議院の過半数を得ても得られるのは時間稼ぎだけと言うわけだ。
 それどころか恐らく今回の選挙で与党が過半数を取れなかった場合、雪齋こと櫻田 淳氏の6/19のBlogによれば与党は参議院の弱体化を計る手があるという。確かに先程書いたシステムを見れば分かるように、例え過半数を握っても参議院は衆議院の決定を覆せないのだから、自民党が公明党と結託して参院の選挙制度改革法案を出してくれば参議院の「影響力」などいくらでも削げる訳だ。また自民は民主党内部からの寝返り候補を出そうと工作を進めていると言われている。そんなわけで今回の選挙で例え野党が勝ったとしても、野党の影響力拡大のハードルは低くない。それどころか影響力を強めることさえなかなか難しい事なのである。

|

« ちょっとしたメモ(日経ビジネスのトヨタの賃金の話し) | Main | 私が中古品を買う理由 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/15859077

Listed below are links to weblogs that reference 次回参議院選挙で政権交代のミスリードをする人たち:

» 参議院の影響力をそぐために [ないときにはない]
与野党逆転してしまった 参議院の影響力をそぐために,自公は何でもやるだろうという意見 がある。そりゃまあそうだろう。リンク先の人は参議院のできることをあまりにも小さく見過ぎていて首を傾げるけど。ちょうど,読売新聞で「参院選挙改革は必要」という,この見方を後押しするような アンケート結果 が出たことだし,そういう方向に向かって伏線が引かれたことは間違いないだろう。でもさあ,今度の国会でそういう法案が成立したとして,その制度の下で次の参院選が行われるのって3年後だぜ。選挙制度が変わったら影響力も変化して... [Read More]

Tracked on July 31, 2007 at 04:18 PM

« ちょっとしたメモ(日経ビジネスのトヨタの賃金の話し) | Main | 私が中古品を買う理由 »