« 鞄探しの憂鬱 | Main | 次回参議院選挙で政権交代のミスリードをする人たち »

July 23, 2007

ちょっとしたメモ(日経ビジネスのトヨタの賃金の話し)

 Niftyの一部の機能がメインテナンスだったのにだまされて、Blogも更新をさぼっていた。いや単にそれを口実にしてほっておいただけの話しだが。

そんなわけもあって今回は手抜きのメモ。はてなブックマークでも話題になっていた、日経ビジネスのトヨタの賃金の話し。
自動車工場で奴隷として働いているオマエら、目玉よく見開いて読め
単純に書けば高い高いと言われている日本の賃金はトヨタの例を見ると、アメリカの1/3程度に過ぎないと言う。ちなみにこれは別にトップのエリート達の話しではない。
 余談だが早速コメント欄で、選挙運動とからめて揶揄する意見が書かれているようだが、次の選挙は参議院で別にどんなに自・公が負けようが政権交代には繋がらないのに、どうして民主が政権を取ったらとか言うのだろう。

|

« 鞄探しの憂鬱 | Main | 次回参議院選挙で政権交代のミスリードをする人たち »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/15852616

Listed below are links to weblogs that reference ちょっとしたメモ(日経ビジネスのトヨタの賃金の話し):

« 鞄探しの憂鬱 | Main | 次回参議院選挙で政権交代のミスリードをする人たち »