« August 2007 | Main | October 2007 »

September 30, 2007

ロシア語機械翻訳の話し

 機械翻訳と言うとあてにならないものと言う印象があるが、これは「英語-日本語」の翻訳結果を思い浮かべる人が多いからだろう。だが機械翻訳も得意不得意があって、文法などの共通項が多い言語だとかなり正確な翻訳結果を返してくる。例えば韓国語は日本語に近い文法を持つおかげで機械翻訳の精度も高く、機械翻訳を通してチャットが出来る程である。

 「英語-ロシア語」の機械翻訳も精度が高いことで有名だ。だがそれは文法が近いからではなくもっと特殊な事情が絡んでいる。
 50年代にスプートニクショックなどでソ連の宇宙・軍事技術にショックを受けたアメリカは積極的にソ連の学術論文を初めとした文献を大量に収集する事を始めたが、そのときのネックが「ロシア語→英語」の翻訳のコストであった。そのためアメリカの機械翻訳は最初から「ロシア語-英語」間に集中し、最初の取り組みである1954年のジョージータウンIBMの実験を初めとして多くの研究はこの2言語間の翻訳に割かれることになったのである(参照)。
おかげで現在「ロシア語-英語」間は文法的にはそれ程近くないにもかかわらず、かなりの精度で翻訳されるところまで達している。その精度は非常に高く、翻訳会社によっては下訳としてそのサービスを提供している程なのだ。
 そんな訳でもし手っ取り早くロシア語の文章の意味を知りたいときは「ロシア語-英語」の機械翻訳を使うのがいいだろう。ちなみにロシア語の素養も無さそうなサイトが突然ロシアの情報を載せた場合、大抵はどこかにあった英語訳のサイトを参照にしたか、もしくはこの方法によるものである。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

September 29, 2007

さようなら古い家2

Broken_house1

Broken_house2

 たまたまこれまで住んでいた古い家の側を通りかかったので、なにわ金融業の帝国金融よろしく電球や鏡など取れそうなものもこの際全部回収しておくかと古い家に寄ってみた。
 写真がその結果であるが、家を出てまだ一週間も経ってないのに取り壊されている最中だった。
その手際の早さには驚いたが、借家とはいえ長い間住んでいた家が取り壊されるのを見るのは物寂しいものである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 27, 2007

風邪を引いたり、仮住まいに移ったり

 毎年、秋になる度に繰り返しているのだがまたもや風邪を引いたらしい。そう、秋口になっても夏の習慣を引きずって冷水シャワーを浴びたり、風呂上がりに薄着でごろごろしていたりして毎年風邪を引いているのだ。それでも今年はちょっと涼しくなったので冷水シャワーを止めていたのだが、やはりどこかで隙があったのだろう。もしかしたら引っ越し疲れが原因なのかも知れない。
 それにしても引っ越しは大変だった。まさか一人暮らしでこんなに荷物が増えてるとは夢にも思っていなかった。結局、コンテナBoxの8畳を借りて仮住まいに入りきらない荷物を放り込んだのだが、何時までも借りてるわけにも行かないしそのうち何とかしなくてはなるまい。そうでなくても今の場所は潜水艦の中のような状態なのだ。必要最小限のものしか持ってこなかったというのにいったいどういう事だろう。今度の新居はどう考えても前ほど広いところは無さそうだし、これを機に荷物の整理を考えなくてはいけないのかも知れない。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 24, 2007

さようなら古い家

Empty_house

 以前も書いたが、今住んでいる築50年近い家が取り壊されることになり先日とうとう引き払った。
それにしても一人暮らしとは言え、広いところに住んでいると荷物が増えて大変だ。段ボールを用意しても用意しても詰めても詰めても終わらない。結局、予想通り最終日の前日に泥縄で梱包作業に追われていた。
 ところでこれまで住んでいた家は取り壊されるわけだが、(何時までいられるか聞くために)その日程を聞いてみると結構時間がかかることに驚いた。まあ、取り壊しなのでそんな何ヶ月もかかるわけはないのだが、それでも1週間以上も掛けて主に手作業で取り壊すというのである。何でも今は産業廃棄物の規制がうるさいのと、近所のクレームが怖いせいで、機械で一気に潰すのはよほどの郊外や工場地帯でも無い限り出来ないと言うのだ。それでも木造だから良いようなもので、鉄筋ともなると解体の手間やコストは膨大なものになるという。
 そういえば以前、週刊ダイヤモンドのマンション特集の中で今の高層マンションが老朽化したときのコストは誰も考えていないと言う記述があり、背筋が寒くなったのを思い出した。いずれ老朽化した建物の解体がままならなくなったときスクラップビルドを繰り返す日本の建築業界は終演を迎える日が来るのだろう。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 23, 2007

チョコレートの噴水

Choco_fountain

 日頃はあまりファミレスなどには行かないのだが、機会があってSizzlerで食事をした。ここはステーキがメインなのだがバイキングが異常に充実しているのが特徴で、驚いたことにタコスやカレーまでがバイキングで食べられる。
写真はそのデザートエリアにあったトッピング用のチョコレートの噴水。暖められたチョコが文字通り噴水のように吹き出していて、横にあるバナナやマシュマロなどいろんなものを浸してコーティング出来るのだ。当然、お子様には大人気でいつ見ても熱い注目の的になっていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 21, 2007

シモジマのハロウィン用品

Halloween

 いまだに終わらない引っ越し準備で梱包用品が足りなくなったので、浅草橋のシモジマに買い出しに出かけた。
浅草橋は元々問屋街だけあって結構面白いお店が多いのだが、ここシモジマもその一つで元は梱包用品の問屋らしいのだが、梱包材はもとより工具からディスプレイ製品にいたるまで様々なものを売っている。
特に一階は季節に合わせた特集が毎回行われていて、今回はハロウィンにちなんだ様々な用品が売っていた。しかもさすがは専門店。東急ハンズなど足元にも及ばない誰が買うんだこれと言ったものまで売っているのだ。特に印象に残ったのは骸骨の形をした呼び鈴(50cm近くあり、しかもリアル)や身長位もあるカボチャのオブジェなどだが、ちゃんと当日も買っている人がいて驚いた。しかもどう見ても普通の女の人でいったい何に使うのだろう?
 写真は比較的おとなしい(?)入り口付近の棚。それでもこのカボチャのバケツ、写真の印象以上に大きいサイズなのだが、こんなに仕入れて大丈夫なのだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 19, 2007

実はごね得ではないアメリカ社会

 最近は世知辛くなったのか、些細なことでもクレームを付け自分の非は決して認めない人が増えてきたように感じられる。いわゆるクレーマーと言うやつで、これもごね徳な世の中になりつつあると言う意識が広がっているのだろう。
 ところで意外に思うかも知れないが、あらゆる事で日本の先を行くアメリカではこうしたクレーマーは存在しないと言ったら驚くだろうか。マクドナルドでコーヒーをこぼした事から安全管理がなってないとマクドナルドを訴えて大金を得たり、都市伝説ではあるがネコを乾かすために電子レンジに入れたのを、説明書にネコを入れてはいけないとは書いてなかったと訴えるアメリカではあるが、決してごね得な社会では無いのである。
 にわかには信じがたい話しだがこれにはちゃんとした理由がある。アメリカのプラザホテルで10年間働いた体験を書いた奥谷啓介氏の「プラザでの10年間」によると、アメリカでは徹底した訴訟社会である為にクレームを付ける方も受ける方も法律意識を常識として持っている必要があるからだと言う。つまりどんなクレームであっても最終的には裁判で決着をつけるので、法律を知っているかいないかが大事だというわけだ。つまり先に上げたような一見荒唐無稽なクレームであっても、法律的な落ち度が無くこれで裁判に勝てる見込みがある「正当な」クレームだと言う訳である。逆に言えば日本の感覚でどんなに正しいと思っても法律の穴にはまってしまえば意味はない。それどころか逆に罪を問われて取り返しの付かない事になるかも知れないのだ。

 こうしてみると今のごね得社会は案外過渡的なものかも知れないと言う気もする。確実にグローバル化しその中でも特にアメリカ化が進む日本もまた確実に訴訟社会化して行くからだ。そして残念ながらこれまでの「モラル」や「道徳」と言ったものが形骸化する中で社会の秩序を守るためにはあらゆる人が「法律に従って」白黒付ける社会を受け入れるしか無いのかも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 17, 2007

アロハシャツを洗濯する

Aloha_shirt1
 洋服の好き嫌いと似合うに会わないは残念ながらイコールではない。好きな格好だからといって必ずしも似合うとは限らないのである。私にとってアロハシャツはそんな好きだけど似合わない服の一つだが、それでも懲りずに着るときがある。だがアロハシャツのネックと言えば洗濯だ。なにせ元々は着物をばらして作られたと言う生い立ちからか、素材がシルクやらレーヨンといった水洗い出来ないものが大半だからだ。 そんな訳でついつい洗濯を考えるとさらに着るのが億劫になってくるのだが、実はレーヨンも水洗い出来るのだ。今回は人柱ではないが実際にやってみた洗濯方法をレポートしよう。
 要はレーヨンが水洗い出来ない最大の理由は、吸水性が非常に高くしかも水を吸うと非常に縮みやすいのが問題なのだから、その前に洗い終えてしまえばいいのである。長くても3分以内、出来れば1分以内に洗い終えてしまえば繊維は水を吸う暇もなく、殆ど問題は生じない(でも自己責任でお願いします)。そこで洗面器などを複数用意して片方で洗い、もう片方で濯ぎを出来るようにあらかじめ準備して、すぐに濯げるように洗剤を極力薄く溶かした水で洗ってしまえば良いのである。この際、ドライクリーニング用の生地も洗えると謳われている洗剤を使った方が望ましいのは言うまでもないが、別に普通の洗剤でも構わない。ポイントはとにかく「早く!」と言うことだ。
 濯ぎ終えたら固く絞ったりせず、すぐにタオルなどで水気を取ってきちんとしたハンガーに釣って乾かせば殆ど縮まずに洗濯できる。
 今回、上記の話しをネットでググって自分でも試してみたが、本当に縮まずに綺麗に仕上がったのには驚いた。これで(似合わないと言う問題は別にして)アロハシャツなどのレーヨン素材の服も、以前より気楽に着ることが出来そうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 15, 2007

陰謀論的に阿部総理辞任を読む

 阿部首相が辞任した。今回の政変は既にあらゆる所でいろんな事が書かれているのでもはや書くことはないし、水に落ちた犬を叩くがごとく批判の輪に加わるのも、逆に「これで○○が頓挫する」と自説を力説するのも嫌気がする。
 そんな訳で陰謀論好きとしては単なる与太話を楽しむ感じで分析記事を読んだり創作したりするわけだが、その中でも秀逸だと(陰謀論的にね)思ったものをクリップしておく。

【緊急トーク 手嶋龍一×阿部重夫】「亡国の総理」辞任
前・中・後編とある大作。主に国際関係の視点から書かれている。インド洋での洋上補給を持続しようとあんなにがんばったのに、あっさりアメリカは北朝鮮のテロ国家認定解除を進めていてはしごを外されたと言う話しには同意できる。

「クーデター」に失敗 福田の後塵を拝した麻生
平成版三国志or銀河英雄伝。その場で見てきたかのように政治家達が登場し、彼らの台詞が書かれている。でも書いた人は其所にいた訳じゃないのだがなあ。でも話しとしては秀逸。

 この他にもいろいろあるのだが。本当は笑い事ではないのだろうなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 13, 2007

居酒屋チェーン店の前でマグロの解体を見かける

Break_tuna

 駅前の居酒屋チェーン店の前で見かけたマグロの解体。これが都心の繁華街や大きな寿司屋の前なら驚かないが、なぜこんな普通の居酒屋チェーン店で行われたのか謎だ。やっぱり珍しいのだろう。珍しく周りに人だかりが出来ていた。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 12, 2007

ホワイトカラー・エグゼンプション制度の名称「家庭だんらん法」へ

 時事通信によると舛添要一厚生労働相は11日の閣議後記者会見で、一部事務職を割増賃金の支払い対象から外す「日本版ホワイトカラー・エグゼンプション制度(WE)」について、「名前を『家庭だんらん法』にしろと言ってある」と言い換えを指示したことを明らかにしたという。
 案の定2chを初めとして総スカンを食らっている訳だが、その中でも秀逸だったbogusnewsの「家族だんらん法に感謝の声続々「去年亡くなった祖母に会えた」当たりのリンクをついでに張っておこう。それにしてもbogusnewsのネタがすっかり霞んでしまっているのが恐ろしい。なんと言っても恐ろしいのはこれがネタでなくて本気で言われていることだろう。
 こうなってくると以前、参院選の時に貼られていたコピペは案外本質を突いているのかも知れない。
(ついでに下に貼っておこう)


◎安倍・自民党、半年だけの成果(抜粋) 美しい国 ?
---------------------------------------------

少子化対策      → 税金投入で低賃金の外国人労働者受け入れ拡大  日本人は増税
外資献金解禁     → 済
韓国・中国ビザ拡大  → 済
北朝鮮経済制裁    → あさり等の経済制裁実施、逆に朝鮮銀行に公的資金4107億円投入
統一教会人事を優遇  → 重要ポストに統一教会幹部を選ぶ 「美しい国」は統一教会のパクリ
創価学会人事を優遇  → 重要ポストに創価学会幹部を選ぶ

拉致問題        → まったく解決しない上、統一教会の6500人の拉致は揉み消し
残業代0法案      → 準備中
過労死容認法案    → 準備中
やらせタウンミーティング、NHK強制放送命令 → 実施済み
NHK受信料強制徴収  → 準備中
郵政造反落選組復党  → 済
松岡農水相事件     → 揉み消し 済

サラリーマン増税案   → 済
ニート・フリーター増税案   → 準備中
議員年金廃止        → 議員年金拡大にすり替え中
天下り制限         → 天下り合法化にすり替え中 人材派遣パソナ癒着 サラ金にも天下り拡大
サラ金壊滅         → サラ金の援護法案にすり替え、批判を受け、サラ金規制3年先送りに
パチンコ壊滅         → 北朝鮮パチンコを強いパイプを確立 闇パチンコ経済制裁は絶対無い
法人税減税、消費税増税  → 経団連減税、国民増税を計画中

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 10, 2007

飲もうよ2

 昔書いたように艶っぽい話しとはとんと無縁な自分だが、不思議と異性の飲む相手には恵まれていた。当時はまだバブル真っ盛りで(年がばれるな)おかげで結構楽しく飲み歩いたものだった。しかし永遠に続くと思っていたこうした友人もやがて1人2人と抜けていき、今では連絡先さえ分からない。
 だが「類は友を呼ぶ」というか「求めよ、さすれば与えられん」と言うべきか、気がつくといつの間にか新しい飲み友達が出来ていた。ただ昔と違うのは年のせいで酒に弱くなったのか、今の女の子がお酒を含めて強くなったのか、彼女たちのペースについて行けなくなっている事だろう。特に一番お酒の強そうな娘とは飲みに行こうと約束をしたものの、伝え聞く武勇伝ぶりに恐れをなして未だに一度も行っていない。それにしても面白いのは自分の周りにいるタイプはどことなく似通ってくることだ。もちろん傍目には互いに全然似てない事も多いのだが、話してみるとどこかに共通項があるのである。どうやら自分と馬の合うあるいは好きな属性というのは何通りかあって、その割合が異なっているだけのようなのである。心理学などでは自分の中のにある異性の原型のようなものがあると言う話しもあるが、案外そういったものなのかも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 09, 2007

現代の人柱

1.中国(大陸)支店に出向する日本人社員
2.リストラ中の人事部の部長
3.自殺・他殺物件に住む不動産会社の社員(こうした事故物件は借り手に報告義務があるが、誰か借りた後にはそれが無くなる)
4.阿部政権の農林水産大臣

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 08, 2007

呪われた物件の話し

 何故かGoogleで「呪われた場所」で検索すると私のページが上位でヒットするようだ。
確かに呪われた場所のネタはこれとかこれとか色々書いてはいるものの、それ程たいしたことではない。むしろ本当に呪われた場所の話しを読みたければmixi内のコミュニティ「間取り大好き!」の中にある「もしかしてこの部屋なんか出るの!?!?」あたりがおもしろさと恐ろしさともに最高だと思うのだが、残念ながらmixiの中にあるせいなのかgoogleっても全く出てこない。本当に本に出したら売れそうなエピソードに満ちた恐怖物件のオンパレードなのに本当にもったいないことだ。
 ちなみにこのトピックス、他のトピックスに埋まることなく延々とコメントが付き続けていて、中には単なる勘違いもあるものの、曰く付きの恐怖談や物理的にやばい(周囲に○○な人が住んでいる)物件のレポートに満ちているのでその手の話しが好きな人は(mixi内と言う制約はあるものの)覗いてみる価値はあると思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 07, 2007

海外生活の憧れ

 長年の夢の一つに海外で生活するというのがある。理由は何故だか解らない。ただ昔から、本当に中学生ぐらいから旅行記や海外生活記が大好きでいつか自分もそうできればと思うようになっていたのだ。しかし、現実というのはままならぬもので結局一度も海外生活をしないまま過ごしてしまった。
 サラリーマンをしていたときはいつかフリーになれば時間が取れると思いつつ、フリーになったらなったで仕事に拘束されてとてもじゃないがそれどころでは無くなってしまった。おそらく全てを投げ捨てる覚悟でも無い限りこのまま行く機会を得ずに年を取ってしまうに違いない。
 それにしても誰でも内容は異なるものの、死ぬまでにやっておきたい事は一つや二つはあると思う。だが多くの人は結局夢のままに終わるのかも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 05, 2007

小林議員辞職で思うこと

 参院選神奈川選挙区で当選した自民党の小林温議員が辞職した。陣営の出納責任者の買収行為が原因だそうだが、ちょっと気になっている事がある。それは同じ選挙区の民主党の牧山弘恵氏もまた選挙違反に問われているなど、神奈川選挙区では選挙違反の火種が参院選直後からくすぶっていたからだ。
もちろん選挙後に相手陣営に対するやっかみや工作で「あそこは実は選挙違反をしている」と言う風説が流れるのは珍しいことではない。ただ神奈川選挙区では公明党の松あきら氏が学会肝いりの応援を受けながら次点で落選したこともあり、選挙直後から2chあたりでは「選挙違反で誰かが落ちるに違いない」と噂されていたのが、まったくその通りになったのが気持ち悪いのである。案の定ググってみると、MIXI で大学生とおぼしき人が選挙期間中に「選挙事務所のアルバイト募集に応じて行ったら、初日の晩に警察が訪ねてきたが」と言う話しが出ているらしい。
 陰謀論好きとしては神奈川選挙区の暗闘を想像してみるのも面白いかも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 03, 2007

第三の仕事場

 先月のNHKビジネス英会話で「第三の仕事場」が流行りつつあると言うネタをやっていた。何でも全国(米)の労働人口のおよそ1/5もの人が仕事場以外の場所で働くようになり、そのうちの何割かは喫茶店などのいわゆる第三の仕事場で働いているというのだ。
 もちろんビジネス英会話のテーマは英語学習であってそこで取り上げられている事が正しいとは限らない。しかし英語講座と言うことで縛りがないせいなのか、この講座のテーマは結構鋭い内容をさりげなく取り上げているので侮れないのである。例えば今、問題になりつつある医者不足問題なども、少し前までは厚生労働省の公式発表が「医者は不足しているのではない、偏在しているのだ」と言い続けていたせいもあって、どこのメディアも取り上げようとしなかったのに、しっかり講座の中では話題に取り上げていた事がある。
 まあそんなわけで、今回のテーマ「第三の職場」に関しても単なる話題ではなく、ある程度定着するのではないだろうか。日本では未だに在宅勤務を正式に取り入れる所でさえなかなか無い状態だが(そのくせ過大なノルマを押しつけて持ち帰り残業をしたあげく、Winnyで流出と言うケースが後を絶たないのがお笑いだが)、アメリカでは既に次の段階に行っていると言うわけである。
 テキストではモバイル環境の発達で、どこでも仕事が出来るようになったのと、日本と同様に子供や配偶者の喧噪を逃れるのが大きな理由に挙げられていたが、日本で仮に在宅勤務が広がればアメリカ以上のモバイル大国でしかも家に仕事場どころか自分の机さえ持っていないお父さんが大半な事を考えると、結構「第三の仕事場」への道は早そうだ。そういえば私がよく利用する喫茶店も、学生から年配の人まで多くの人が本やノートパソコンを持ち込んで居座っているが、もう既に「第三の仕事場」はこの国でも流行っているのかも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 01, 2007

シンプルに金魚(カクテル)を作る

Goldfish_cocktail

 恒例の困ったときの写真ネタ。
今回はホッピーが切れてしまったので、若者ではないが焼酎は残っていたので「金魚」を作って飲んでみた。
 作り方は甲種焼酎をソーダーで1:3に割り、それに大葉と唐辛子を入れるというシンプルなものである。なるほど見た目は確かに金魚で上手い名前を付けたものだ。
 味の方はシンプルなレシピどおりシンプルな味だが、焼酎をちょっと凝って金宮焼酎にしたので悪くはない。本来は邪道なのだろうが、これでソーダーをサンペリグリノ当たりのガス入りミネラルウォーターにしたら意外と高級な感じになりそうだ。ただ例のごとく調子に乗って唐辛子をきかせすぎてしまい。涼しげな外見に反して、今でもお腹のあたりが暖かいのは失敗だったと言えるだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2007 | Main | October 2007 »