« チョコレートの噴水 | Main | 風邪を引いたり、仮住まいに移ったり »

September 24, 2007

さようなら古い家

Empty_house

 以前も書いたが、今住んでいる築50年近い家が取り壊されることになり先日とうとう引き払った。
それにしても一人暮らしとは言え、広いところに住んでいると荷物が増えて大変だ。段ボールを用意しても用意しても詰めても詰めても終わらない。結局、予想通り最終日の前日に泥縄で梱包作業に追われていた。
 ところでこれまで住んでいた家は取り壊されるわけだが、(何時までいられるか聞くために)その日程を聞いてみると結構時間がかかることに驚いた。まあ、取り壊しなのでそんな何ヶ月もかかるわけはないのだが、それでも1週間以上も掛けて主に手作業で取り壊すというのである。何でも今は産業廃棄物の規制がうるさいのと、近所のクレームが怖いせいで、機械で一気に潰すのはよほどの郊外や工場地帯でも無い限り出来ないと言うのだ。それでも木造だから良いようなもので、鉄筋ともなると解体の手間やコストは膨大なものになるという。
 そういえば以前、週刊ダイヤモンドのマンション特集の中で今の高層マンションが老朽化したときのコストは誰も考えていないと言う記述があり、背筋が寒くなったのを思い出した。いずれ老朽化した建物の解体がままならなくなったときスクラップビルドを繰り返す日本の建築業界は終演を迎える日が来るのだろう。

|

« チョコレートの噴水 | Main | 風邪を引いたり、仮住まいに移ったり »

Comments

私にとっても思い出深い写真をありがとうございました。その節は大変お世話になりました。

Posted by: ひどらじん | October 02, 2007 at 07:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/16563233

Listed below are links to weblogs that reference さようなら古い家:

« チョコレートの噴水 | Main | 風邪を引いたり、仮住まいに移ったり »