« 意外に安いダイヤの価格 | Main | 日本の電波法の枠外にある在日米軍 »

October 08, 2007

借家建て直し話(その1)

 以前住んでいた古い家が有った場所の工事が進んでいる。大家さんからの話によるとすでに家は跡形もなく、敷地はビニールシートで覆われた状態になっているそうだ。それにしても大家さんの話しを聞くと不動産オーナーは意外にめんどくさいものらしい。いざ物件が出来上がり、良い借り手が入ればそれなりに楽そうだが、それでも何かトラブルがあれば呼び出されるし、ましてや借り手が悪いと大変だろう。そして今回の建て直しの話しを聞くと作るまでも結構面倒くさそうだ。私が住んでいたときは周囲の人たちとは特にトラブルも無く、結構近所づきあいも円満だった感じがするのに、さすがに工事が始まって毎日重機が出入りして、工事の騒音が発生すると結構いろんな所から苦情が来るらしい。しかも現地は車2台がやっと通れる道なので、かなり遠くまで渋滞が発生することがあり、思いもよらぬ遠方からも苦情が来ると言うのである。
 そういえば最近はどの工事現場もすぐにシートで覆われるようになったがこれもクレーム対策の一環だそうで、建物が無くなって見通しが良くなると意外なことに苦情が来たり(どうやら防犯が心配になるようだ)、土埃が飛んだりするので、今では工事が始まる前でも出来上がった建物くらいの高さのシートで敷地を覆ってしまうものらしい。
 住宅のような小規模な建築でも世相の影響はこんな所で現れているのだろう。それにしても今、都市部で雨後の竹の子のように経っている高層マンションはもめ事とは無縁なのだろうか? そういえば、かつて実家の近辺でマンション反対の為の怪文書が駅前中に貼られまくった事件が有ったのを思い出した。今ではそんなことを誰も知らないかのようにそのマンションは建っているが、やはり暗闘が行われ闇から闇へと葬り去られているのだろう。

|

« 意外に安いダイヤの価格 | Main | 日本の電波法の枠外にある在日米軍 »

Comments

私もアパートに1人暮らしですが、大家さんには
ずいぶん迷惑かけましたね。水回りのトラブルとか
天井灯のトラブルで他ベランダから大雨で水があふ
れたとか。外装等は手を入れているので綺麗ですが、
築15年ともなりますとね。まもなく契約更新なので
保険の更新が送られてきました。アパートの契約の方は
自動更新らしいです。

Posted by: ひどらじん | October 08, 2007 at 11:04 AM

こんにちはひどらじんさん。
何となく以前伺った実家の話しの印象が強くて、実家住まいだと思っていました。
ところでトラブルの話しですが、外因性のものはしょうがないですよね。僕などはめんどくさいので簡単な修理は勝手にやってしまいましたが、それでも大家さんは大変だと思います。

Posted by: doku(fukuma) | October 08, 2007 at 11:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/16691816

Listed below are links to weblogs that reference 借家建て直し話(その1):

« 意外に安いダイヤの価格 | Main | 日本の電波法の枠外にある在日米軍 »