« 借家建て直し話(その2) | Main | ローラー台は修行 »

October 13, 2007

書評:新版日本ロケット物語

51tx77frm2l_aa240_ 書評というよりも紹介程度だが、この前購入した「新版日本ロケット物語」と言う本について書いてみたい。
 宇宙開発それもロケットに関する本は少ない。むしろ軍事用の分野の方がロケットに関しても充実しているくらいで、ミサイルなどの特定分野のみを取り上げた本ですら何冊もある。そういった点では、ロケットそれも日本の宇宙開発分野に特化した本書はそれだけで必読すべき価値が有るわけだが、その内容も素晴らしい。
取り上げられているロケットは有史時代から近代までに渡り、特に戦後の日本の主要ロケットはほぼ全てが網羅されていると言っても良い。著者の多くは宇宙関係団体関係者ということもあり、内容は技術的な話しが中心でやや自画自賛的な傾向もあるものの、所々に含まれる戦後黎明期のロケット開発の話しではプロジェクトXもかくやと言うようなドラマチックだったり、抱腹絶倒なエピソードなどもさりげなく盛り込まれていて話しとしても面白い。やや残念なのは最近のロケットに関する記述が少ないことだが、これも本書が書かれたのが1996年と言うことをふまえると(その後大幅に改訂したとはいえ)仕方のないことだろう。
 それにしてもこれだけの内容の本が普通の人はともかく、(あるいは単に私だけが知らなかったのかも知れないが)宇宙やロケットに興味を持つ人でさえ殆ど知られてないのは残念だ。少しでも多くの人に知ってもらいたい本だと思う。

|

« 借家建て直し話(その2) | Main | ローラー台は修行 »

Comments

私も持っています。良書ですね。特に言及されて
いますが、戦前のロケット開発について触れられた
ところやペンシルとそれらの繋がりあたりはこれまで
タブーとされてきた内容ではあります。日本は平和
目的でロケットを開発した唯一の国みたいに宣伝
していましたからね。核とミサイルという
冷戦時代には仕方のなかったことではありますが。

Posted by: ひどらじん | October 15, 2007 at 09:36 PM

ひどらじんさん。フォロー情報ありがとうございます。
マイナーな本だからかしょうがないのかも知れませんが、こうした本はあまりきちんとしたレビューがないのでこうした内容に関するコメントは訳にたちます。

Posted by: doku(fukuma) | October 16, 2007 at 09:20 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/16745923

Listed below are links to weblogs that reference 書評:新版日本ロケット物語:

« 借家建て直し話(その2) | Main | ローラー台は修行 »