« 日本の電波法の枠外にある在日米軍 | Main | 借家建て直し話(その2) »

October 10, 2007

ビンディングペダルで悪戦苦闘する

Egg_beater

 松浦さんのビンディングペダル話に触発されたわけではないが、この前買ってきたトラックレーサーにビンディングペダルを付けてみた。
付けたのはEGG BEATER MXR(エッグビーターミキサー)と言うオフロード用のペダルだが、写真を見ていただければ判るようにロード用よりも軽量化された、まさに究極のペダルと言うものだ。こんな外見なのでもちろん普通の靴では走れない。ビンディングペダルによっては片面が普通のペダルになっていたり、踏み込み面が平らになっていたりして万が一ビンディングが使えないときも、ペダルとして使えるものが多いのだが、これはそんな要素はかけらもないビンディング専用とも言えるペダルである。
 だがそれが地獄を招くのだった。元のペダルがあまりに頑丈に取り付けられて自分の交換は不可能だったので、近所(と言っても急行で2駅離れているのだが)の競技用自転車専門店まで乗ってって交換してもらったのはいいものの、帰りの道のりが堪らない。何より予想外に大変だったのはペダルを外すことではなく、一度足をペダルから外すと二度と付かない事だった。普通のビンディングペダルならそれでもなんとかなっただろうが、ごらんの形状のペダルである。ビンディングを外すと走るのも困難な状態で、思わず外すのが嫌で立ち転けを繰り返すは散々な目にあった。おまけに外すとはめるまでそれこそ何十分も悪戦苦闘するのである。
 その後、クリートとというペダルに靴を取り付ける為の金具の位置を調整するとスムースとは行かないものの、何とか着脱できるようになってきたものの、安心して路上で走るにはもう少しペダルに慣れる必要がありそうである。

|

« 日本の電波法の枠外にある在日米軍 | Main | 借家建て直し話(その2) »

Comments

 うわ、最初からエッグビーターを使うというのは、冒険者ですねえ。私は、最初は安全なものを、とサイクリング用のものにしました。

 気をつけてください。これで事故を起こしたら元も子もないですから。

Posted by: 松浦晋也 | October 10, 2007 at 12:24 PM

 松浦さんコメントありがとうございます。
幸い(?)殆どローラー台専用機と化しているので何とか事故に遭わずに済んでいます。と言うかトラックレーサーでエッグビーターと言うのは公道を走るには怖すぎます。ただ、「だから公道用の自転車が必要だ」と言う変な理屈で新しい自転車を買いそうで怖いです。

Posted by: doku(fukuma) | October 10, 2007 at 11:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/16705954

Listed below are links to weblogs that reference ビンディングペダルで悪戦苦闘する:

« 日本の電波法の枠外にある在日米軍 | Main | 借家建て直し話(その2) »