« 外国語学習者はどう変化しているのか | Main | 自転車のホイールが届く »

December 29, 2007

2台目の自転車のフレームについて

 買ってから調べるというのも何だが、2台目のフレームのスペックが判明した。てっきり外見やブランド(InterMax)からアルミフレームだと思っていたこのフレーム、実はInterMax初の(そして2年ほど前に廃盤になった)EOMと言うクロモリ素材を使ったフレームだった。
 だがどう見ても外観は今風のアルミフレームの外観だし、InterMaxと言うとアルミやカーボン素材で有名な所だからにわかには信じがたい。そこで試しに磁石を近づけてみるとピタッとくっつくではないか。やはり本当にクロモリなのだ。
 それにしてもこのフレーム、調べてみてわかったのだが超軽量クロモリフレームと言うかなり無茶な代物で、デダチャイ製のEOMと言う超軽量スチールパイプを使用してアルミ並の軽量化(フレーム単体で1,480g)を図っている代わりに乗り手の重量制限(85kg以下)があるという。幸い自分の体重の範囲内では問題は無いものの、これで益々体重を増やせないプレッシャーが高まった訳である。

|

« 外国語学習者はどう変化しているのか | Main | 自転車のホイールが届く »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/17511758

Listed below are links to weblogs that reference 2台目の自転車のフレームについて:

« 外国語学習者はどう変化しているのか | Main | 自転車のホイールが届く »