« 2台目の自転車のフレームについて | Main | 宇宙の傑作機「スプートニク」を入手した »

December 31, 2007

自転車のホイールが届く

Wheel

 年末ギリギリに注文したので、年内には間に合わないと思われた自転車のホイールが今日無事に到着した。実は自転車を組むに当たってホイールは最後に填めれば良いだろうと高をくくっていたのだが、それは大きな間違いでこれがないとシートの高さもギアのセッティングも何も出来ず、えらく困っていたのである。それにしても宅急便屋さんは年末年始も休み無しで大変そうだ。
 さてホイールの方だが、こちらは至って普通の外観のものである。実は半分以上見た目に釣られてCampagnoloのZONDAなどを当初注文したのだが、幸か不幸かどこのショップも品切れで年内には間に合わないと言われて、急遽ワールドサイクルのショップオリジナルの手組フレームを注文することにしたのである。だが注文してみるとこれはこれで悪くない。見た目はオーソドックスであるものの、ホイールを構成する各パーツレベルまで自由に注文できるので、かなり「オリジナル感」が堪能出来るのがいいのである。そんなわけで構成もDURAACEのハブにMAVICオープンプロのリムを使い、後はひたすら軽量化を狙って細めの1.8mmのスポークとアルミニップルで組んでもらった。注文後になって更に軽量化出来る組み合わせを見つけたのだが、これはこれで良いだろう。ちなみにタイヤはかなり奮発してMICHELIN PRO 2 RACEを使う予定だが、これはこのタイヤが一番リムにはめやすいと言う話しを聞いたからでもある。いや、実際新品のタイヤをホイールにはめるのは(タイヤが堅くて)エライ大変な事なのだ。なにせ最近も2chの自転車版でこんなネタになっていた位なのである。

53 :ツール・ド・名無しさん:2007/12/24(月) 22:55:49 ID:???
おまいら、この時期に峠とかの出先でパンクして、修理しようとしたところ、
タイヤの異常な固さのためにタイヤレバーが折れて、修理できなくなったら、
生死にかかわりますよ。
誰も来ない峠で、震えながら、寒いよー、寒いよ、ママンとか小声でつぶやきつつ、死んでいくのですよ。
それでもいいのですね。そうなんですね。バカどもが。

55 :ツール・ド・名無しさん:2007/12/24(月) 23:03:52 ID:???
>>53 いやこれはマジで冗談じゃないよな。
うっかりレバー折ったりしたらどうすんだとか思う。
多少頑張れば手ではめられるレベルならともかく、
外すのですら折れそうな奴とかだと、直せなくなる可能性すらある。
峠でやらかしたらほんとに終わりだ。

56 :ツール・ド・名無しさん:2007/12/24(月) 23:11:56 ID:???
数日後に発見された遺体は、圏外表示の携帯電話と、折れたタイヤレバーを握り締めていたのでした。
折れたタイヤレバーで修理しようとしたらしく、リムには相当な傷が付いていたとのことです。

|

« 2台目の自転車のフレームについて | Main | 宇宙の傑作機「スプートニク」を入手した »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/17527614

Listed below are links to weblogs that reference 自転車のホイールが届く:

« 2台目の自転車のフレームについて | Main | 宇宙の傑作機「スプートニク」を入手した »