« トルコ料理屋に行ってきた | Main | 引っ越しの片付けに追われる »

March 19, 2008

児童ポルノ法改正でAmazonの「ほしい物リスト」が凶器と化す日

インプレスのやじうまWatchにも載っていたが、Amazonの「ほしい物リスト」を利用したいやがらせが行われているようだ。要は本人チェックが行われていないのを良いことに、勝手に他人の名前と住所でほしい物リストを作成し、そこにアダルトグッツや大人のおもちゃなどを片っ端から登録して本人のイメージ低下を計ると言う寸法だ。
 問題なのは現時点ではイメージ低下で済んでるものの、以前も触れた「準児童ポルノ」や「児童ポルノ法改正案」などが通ると、これによって(法的には)逮捕される可能性があることだ。準児童ポルノとされる対象が曖昧なのは既にあらゆる所で指摘されているが、実は「児童ポルノ改正案」でも対象範囲の拡大が盛り込まれているので油断できない。
 つまりこれらの法案が通ったら現時点でAmazonで取り扱っているものでも違法とされる可能性があると言うことになる。「その時になったら対処する(される)さ」と言う向きもあるだろう。しかしネットには様々な「魚拓」サービス、ようするにそのページがあった記録を取れるサービスがあることを忘れてはならない。そして、本気で他人を陥れたい人々は今から削除に備えてせっせと魚拓も取ってるだろう。そして遂に法案が通ったときにこのように告発される事になるのだ。「今は抹消しているが、○○さんはかつてAmazonで(準)児童ポルノを登録してた」と。

|

« トルコ料理屋に行ってきた | Main | 引っ越しの片付けに追われる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/40561212

Listed below are links to weblogs that reference 児童ポルノ法改正でAmazonの「ほしい物リスト」が凶器と化す日:

« トルコ料理屋に行ってきた | Main | 引っ越しの片付けに追われる »