« February 2008 | Main | April 2008 »

March 29, 2008

ブラインドの取付に追われる

 引っ越しからもうすぐ半月が過ぎようとしているのに未だに荷物が片付かない。まあ、実作業をしているのが土日の昼間だけと言うのもあるが、それにしても困ったものだ。片付かない理由の一つはまだ仮住まいに居座れるからでもあるのだが、さすがに巻きを入れねばならないだろう。
 さてここにそんな愚痴を書いてもしょうがないので、自分の防備録も兼ねて今日設置した縦型ブラインドについての覚え書きを書いておく。また自分でもブラインドを設置したいと言う人の参考にでもなれば幸いだ。
 ところでカーテンと違ってブラインドは敷居が高いと思っている人も多いかも知れないが、実はカーテンとそれ程値段も(取り付ける)手間も変わらない。人とはちょっと違った部屋にしてみたいと言う人はもっと気楽に取り付けてみるのをお勧めする。特にブラインドと聞いて普通に思い浮かぶ横向きにルーバーが付いているタイプは実はカーテンレールにも取付可能で、賃貸であっても簡単に設置可能なのだ。
 今回、私が付けたのはこうした普通のブラインドではなく縦型ブラインドと言うタイプのものである。どんなものかは以前住んでいた部屋の写真を見てもらえば一目瞭然だが、普通のブラインドと違いルーバーが縦になっているのが特徴だ。私はファッションを初めとしてインテリアデザイナー時代には多くの影響を職場のボスに受けたものだが、縦型ブラインドを使うようになったのもそのとの影響によるものだろう。
 さてこうしたブラインドを注文する際、一番のネックは何を選んで良いか判らないというものだ。昔はそれこそこうしたノウハウはプロしか知らないものだったが、最近は良くしたものでググればカタログはおろか生地のサンプル帳まで借りれるようになっている。さすがに買うかも判らないのにそこまではしたくないと言うのなら、新宿パークタワー内のOZONEのような巨大インテリアショールームに行けば図書館のような感じであらゆるメーカーのカタログやサンプルを閲覧出来る場所もある。後はそこで徹底的に調べて、オンラインショップで発注すれば良いだけだ。
 今回、私はOZONEで調べ石器人と言うオンラインショップから購入した。ちなみにここは自信が無ければ有料にはなるものの取付工事や採寸もやってくれるようである。
 最後に参考と覚え書きを兼ねて取り付けたブラインドのタイプを書いておく。上のリンクに張った以前住んでいた部屋に付けたのと同じ(正確には改良版)タイプだが、時代は確実に進歩しているらしくホルムアルデヒドなどのシックハウスの元になりそうな素材はほぼ0にまで減らされている。

Nichibei
アルペジオ 標準タイプ シングルスタイル
生地:アーバンミックス A5887
ベントレールカラー オフホワイト
ルーバー幅:100mm
単窓 両開き左操作

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 26, 2008

新しいウオッカを買い込む

Putinka

 池袋東武の地下食料品売り場は酒飲みにとって楽園であり罠である。何より酒屋の数が豊富で、しかも品揃えがめちゃくちゃ充実しているからだ。以前もここにある量り売りのお店を紹介したが、今回は別のお店(と言っても同じフロアにあるのだが)で買ったウオッカの話しである。
 何度か書いたように日本では売れないせいもあるのだろう。かなり大きな酒屋でも何故かウオッカだけはろくな品揃えが無いのだが、さすがはわざわざ地方からも買いに来る池袋の酒屋街。他のお酒ほどではないが、それでも結構珍しい銘柄が置いてある。
 写真はそこで買ったпутинка(プーチンカ)と言う銘柄で、想像されたとおりプーチン大統領にちなんで名付けられたウオッカである。味の方はまだ封を開けてないので判らないが、後で飲んだら書いてみるつもりである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 23, 2008

洗濯機を買い換える

 長年使っていたサンヨーのAWD-500と言うドラム式洗濯機がとうとう壊れてしまった。一時、借りていた借家が建て直されるというのでトランクルームに入れておいたのがまずかったらしく、洗濯しようと給水しても入れる側から排水されてしまうのである。おまけにしばらくほっといたのが祟り、すっかり中が黴びてしまった。そんな訳で先日新しい洗濯機を買いにいったのだが、いつの間にかすっかりドラム式洗濯機が売り場の中心になっていたのには驚いた。しかも大型化と高級化が進み、最新機種では20万を超えるものもあり、一台で洗濯・乾燥はもちろん部屋の除湿や冷暖房まで(!)出来るようになっている。これというのも乾燥にエアコンと同じヒートポンプを使う為で、要は小さなエアコンがまるまる洗濯機に入っているからなのだが、それにしてもその価格帯には驚いた。しかもサイズの方も大型化が進み、大きいものでは幅90cm近くもあるのである。
 それにしても今の日本に本当にこんな高価で巨大な洗濯機をおける家がどれだけあるというのだろう。新築の(賃貸でない)一般住宅クオリティが売りと言われた今の借家でもこのサイズでは入らない。至る所で建てられている高級マンションでもおける場所はあるのかも知れないが、これだけのサイズをマンションの高層階に搬入する手間を考えると運ぶだけでもハードルは高そうだ。それともこうしたものの置き場や値段など気にならない階層の人々が日本にも数多くいるのだろうか。もしそうだとしたらやはり家電においても2極化が反映されているのだろう。

 そうそう洗濯機はヨドバシカメラで型落ちしているナショナルのNA-V900と言う機種が格安で売られていて、しかも翌日搬送可能というので結局こいつを購入することにした。また何か判ったら続きを書くかも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 21, 2008

引っ越しの片付けに追われる

Cardboards

 ようやく引っ越しが終わったものの今度は片付けがおわらない。幸か不幸か今週は飛び石連休があったので、それに休みを足してずっと片付けをやっていたのだが、ごらんのようにいまだに段ボールの山が残っている状態だ。いったいどこにこんなに荷物があったのだろう。今度こそ荷物を減らそうと決意を新たにするのだった。
 それにしても引っ越しは金がかかる。前の荷物を使えばいいと思っていた家具でさえ、引っ越しで動かしたせいかタイミング良く洗濯機が故障するし、窓のサイズが違うのでブラインドも全部新調しなくてはならないわで、さらに出費がかさみそうだ。しかも以前買ったPH5ランプはショールームで見たよりもやけに暗いなと思ったら、殆ど何処にも売られてない150Wの電球を使わないといけないらしい。(もちろん普通の100Wの電球も使えるのだが、明るさは1/3になってしまう)
 全てが一段落するのはまだまだ先になりそうである。

追記:PH5で150Wの電球が使えると書いたが、実際に試してみるとわずかなサイズの違いでつっかえて入らなかった。PH5 Plusではこうした点が改良され、より明るいワット数の大きい電球や電球型蛍光灯が使えるようになっている。また素材も反射率と透明度が高くなり明るさも明るくなった。
日本では恐らくたいていの人はPH5の明るさは暗く感じると思われる。これからPH5ランプシリーズを買う人は注意して欲しい。

追記2:なお最新のPH5は150Wの電球や電球型蛍光灯が取り付けられるように改良されている。ただしPH5 Plusと違いシェードの底の部分は不透明な金属板なので、ランプ直下の照度は暗いままなので注意して欲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 19, 2008

児童ポルノ法改正でAmazonの「ほしい物リスト」が凶器と化す日

インプレスのやじうまWatchにも載っていたが、Amazonの「ほしい物リスト」を利用したいやがらせが行われているようだ。要は本人チェックが行われていないのを良いことに、勝手に他人の名前と住所でほしい物リストを作成し、そこにアダルトグッツや大人のおもちゃなどを片っ端から登録して本人のイメージ低下を計ると言う寸法だ。
 問題なのは現時点ではイメージ低下で済んでるものの、以前も触れた「準児童ポルノ」や「児童ポルノ法改正案」などが通ると、これによって(法的には)逮捕される可能性があることだ。準児童ポルノとされる対象が曖昧なのは既にあらゆる所で指摘されているが、実は「児童ポルノ改正案」でも対象範囲の拡大が盛り込まれているので油断できない。
 つまりこれらの法案が通ったら現時点でAmazonで取り扱っているものでも違法とされる可能性があると言うことになる。「その時になったら対処する(される)さ」と言う向きもあるだろう。しかしネットには様々な「魚拓」サービス、ようするにそのページがあった記録を取れるサービスがあることを忘れてはならない。そして、本気で他人を陥れたい人々は今から削除に備えてせっせと魚拓も取ってるだろう。そして遂に法案が通ったときにこのように告発される事になるのだ。「今は抹消しているが、○○さんはかつてAmazonで(準)児童ポルノを登録してた」と。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 17, 2008

トルコ料理屋に行ってきた

Green_pepper_dolma

Shish_kebab

 池袋にある人気のトルコ料理屋「ANTEP」に行ってきた。トルコ料理というと漫画「トルコで私も考えた」のイメージしかないのだが、それでも食べる前からおいしそうと言うイメージがあり、かつ本物も食べたことも無いのに見よう見まねでドルマス(野菜などの肉と餅米詰め)を作って食べたことがあり、ずっと楽しみにしていたのである。
 本物を食べてみた感想は、期待通りおいしくかつ噂通りボリュームたっぷりの食事であった。決して小食とは言えない面子で行ったのだがそれでもお腹いっぱいで、いろんなメニューを試したければある程度の人数で行った方がいいだろう。それにしても香辛料をたっぷり使っていながら辛くなく、親しみやすいような懐かしい味がするのは不思議な感じだった。大人気のお店だが、なるほどこれなら何度でも行きたくなるのも納得である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 15, 2008

「ラサの大規模暴動」報道で気になること

 中国チベット自治区のラサで大規模な暴動が起き、多くの死傷者が出ているようだ。これについては既に多くのメディアで報道されてるが、一点ものすごく気になる事があったので触れておく。
 それは私の知る限り、殆どのメディアにおいて肝心の暴動が起きた原因や背景について全く触れていない点である。同じような暴動が起きたミャンマーと比較すると今回の報道管制ぶりがよく分かるが、これではどんなに暴動を起こしたチベット側の声を報じた所で、大した理由もなく突然人々が暴動を起こしたような印象を与えかねない。しかし、今回の背景には事実上の独立国だったチベットを中国が無理矢理併合し同化政策をしていると言う背景があるのだ。また、直接のきっかけも多くの人々から尊敬と崇拝を集めている僧侶に対し中国政府が暴力的な対応をした事があるのだが、これについても報じるメディアは少ないようだ。
 それにしてもマスコミはこんな事だから、2chなどのネット勢力に中国の手先だと非難されるのである。

チベット - Wikipedia
割とバランスが取れた(と私が思っている)チベット問題に関するまとめがのっている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 14, 2008

医療崩壊でもエライ人が困らない訳

 「新小児科医のつぶやき」さんの2008/3/13の記事のコメント欄の書き込みにあった話しが埋もれてしまうにはもったいなかったのでサルベージ。

知人に聞いた話なんですが、都内で政財界VIPが意外と使うのが、宮内庁病院だそうですね。 -----
宮内庁病院(くないちょうびょういん)は宮内庁長官官房によって管理・運営されている病院である。皇居内にあり、天皇・皇族の他に宮内庁及び皇宮警察本部の職員とその家族、さらに職員の紹介を受けた者のみが受診可能とされている。医師及び看護師は非常勤を含め総勢約50名。 診療科は内科・小児科・外科・皮膚泌尿器科・産婦人科・眼科・耳鼻咽喉科・放射線科・歯科。 -----
職員の紹介がなければ受診できません。実質的な公費での会員制病院です。建物ボロいですが設備は一流。外来患者ほとんどいないので待ち時間0。

 書かれている内容は政財界のVIPが今どこの病院を受診しているかについてだが、これが本当だとすると今でも待ち時間0でしかも公費で政財界のお偉いさん方は医療行為を受けている事になるわけだ。
なるほどエライ人はお金も時間もかけずに最高の医療を受けられるのなら、恐れるものは何もない。医療費が高沸しどんどん病院が無くなって庶民が苦しもうと、安心して更に医療費削減を進めて医療崩壊を進められるというわけである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 13, 2008

日本ユニセフはユニセフ(UNICEF)にあらず

 ネットで非難囂々の「アニメ・漫画・ゲームも「準児童ポルノ」として違法化訴えるキャンペーン」に関する記事で知ったのだが、ここでも名前が出てきた「日本ユニセフ」は国連のユニセフとは全く別の団体だと知っているだろうか。そう、日本ユニセフの実体はサービス業に分類される財団法人で国際連合(UN)や国際連合児童基金の下部組織ではないのだ。もちろんユニセフと名乗るからには全く無関係と言う訳ではなく、日本からの民間拠出金を取りまとめる民間の協力団体となっている。
 しかしその実体には黒い噂も数多い。寄附金の一部しかユニセフに寄附しないのは経費を差し引くことが認められた協定に基づいているとはいえ、職員の多くに天下りを抱えその人件費なども公表されていない。公式発表では彼らはボランティアで働いているそうだが、本当に無給ではたらいているのだろうか。
 ちなみに本当のユニセフ大使の黒柳徹子氏はこの件では当惑しているらしい。(過去に出版社から37万人分の個人情報を入手しDMをばらまき、それが国連のユニセフのものと思われて問い合わせが来た事があった)

 こうしてみると最初に触れたキャンペーンのメンバーも結構問題がありそうだ。呼びかけ人の後藤啓二弁護士は元警察官僚で警察権力強化の為のロビー活動をしていると言う話しもあるし、今回の規制案がカルト教団の名も高い統一協会が過去に発表したメディア規制案の一部とそっくりだと言う指摘もある。

 口当たりの良い正論を言うのは簡単だし賛成者も多いだろう。しかし、それを口実に様々な統制や弾圧・利権の確保が行われることもまた多いのである。

参考link:
日本ユニセフ協会
野良里蔵狸 -norakura- うちから見た「日本ユニセフ協会の謎」

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 10, 2008

ロシア語電子辞書を購入した

 以前取り上げたカシオのEX-wordの追加ソフトとして発売されたロシア語の電子辞書を購入してみたので簡単なインプレを書いてみたい。
 買ったのはコンサイス露和事典とコンサイス和露事典そしてロシア語自由自在の入ったメモリーカード版である。そもそもCD-ROM版はMacintoshでは使えないのでこちらを選ばざる得ないのだ。それにしても驚くのはメモリーカードの小ささだ。小指の頭ぐらいの大きさで本当にここに辞書2冊と会話集そして音声までもが入っているとは信じがたい。しかし技術の進歩はすばらしく、ここに全データーが入っている上に、心配していたアクセス速度も全く気にならないものだった。
 さて気になる使い勝手であるが、元がちゃんとした紙の辞書だけあって語彙で困ることはない。候補となる訳語も一字一字入力した時点でリアルタイムに表示されるし、ネイティブの発音までも聞けるようになっている。だがこれは電子辞書の構造から仕方ないのかも知れないが、スペルがうろ覚えの語や格変化で語尾が変化している語を調べるのは(紙の辞書に比べると)めんどくさい。もちろん電子辞書らしくワイルドカードなどが使えたり、類似する語の候補を出してはくれるのだが、それでも紙の辞書のように目を前後の単語を探すほどには簡単に探せないのだ。まあこれは電子辞書一般に言える問題で仕方がない事だろう。たロシア語のように語尾変化によって「てにをは」を表している語の場合、ある程度語尾変化の仕組みを知らないと単語を引くことすら出来なくなるのは辛いところだ。
 単語の入力に関してはEX-wordの伝統どおり、キーボードからもソフトキーボードからも手書き入力にも対応している。とは言えロシア語を母語としない私のような人間が手書き入力を試みると、筆順が違うせいなのかなかなか認識してくれなかった。やはりここは他の言語のように最初から辞書がインストールされ、キートップにアルファベットが印刷された正規対応版が出て欲しいところである。
 いろいろと書いてみたがそれでも他に選択肢が無いのが実情だ。そうした中でロシア語の辞書を出してくれたカシオには感謝しなくてはいけないだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 09, 2008

今月の軍事研究が面白い

 雑誌「軍事研究」の今月号(2008年3月号)の特集は時治がら自衛隊の防衛調達と米露中の次世代航空宇宙戦力についての特集だった。どちらも興味深いものだったが、特に前半の自衛隊の防衛調達に関しては日頃軍事に興味の無い人にこそ読んでもらいたい無いようになっている。
 特に冒頭の軍事ジャーナリスト清谷真一氏の記事による根本の原因はあり方自体にあるという指摘は驚くべき内容で、なんと防衛調達では調達する装備の数も、それを揃えるまでの期間も、必要な総額すら事実上決められてないと言うのである。いったいどんなジャンルで内容も予算も期間も明示しないで成り立つものがあると言うのだろう。ただほんのちょっと軍事関係をかじった自分なりに考えるとこうなった事情があるのは分からないでもない。護衛艦など「大きなお買い物」はこれまで単年度予算だった我が国の防衛予算システムでは年の予算枠を超えてしまうので、分割で予算を申請せざる得なかったと言う話を聞いたことがあるからだ。
 とは言えこんなシステムではまともな調達は不可能だし、コストや手間がかかるどころかさまざまな不正や腐敗の温床になるのは当然だ。メーカーにしても先行きが不透明でリスクが高いからマージンを載せざる得ないし、(来年度も無事予算が付くのか知るために)官僚に接近して情報収集するためにどうしても癒着が発生する。現場の方もいつになったら装備が揃うか判らないし、それまでは新旧二本立てで装備を運用しなくてはいけない分コストも手間もかかってしまう。だがこれというのも根本は日本に明確な国防政策が無いからだと筆者は言う。たしかに自衛隊自体が合憲かでもめていたのがこの国だ。これでは明確な国防方針など決めようすら無いだろう。
 そんなわけで記事を読めば読むほどコリャ駄目だと言う感慨を深めてしまったのだが、現状はスキャンダル暴きと政局狙いの工作狙いに明け暮れてどうした問題が背景にあるのかすら分からないのが現状だ。せめてこうした問題があると言うことだけでも今回の件をきっかけに話題に上ってくれるとありがたい。

 もう一つの米露中の次世代航空宇宙戦力の方は、一般向けとはとても思えないマニアックな内容なのだが、これはこれで面白い。なんと言ってもいいのは(少なくとも日本語では)これまで殆ど資料が見つけられなかったロシアや中国の最新航空宇宙戦力に関する情報が載っている点だろう。あのF-22ラプターに対抗するロシアの第5世代戦闘機いわゆるPAK-FAはもちろんのこと中国のステルス実験機J-XX、そして驚くことにロシアの偵察衛星システムや軍用GPS・通信衛星の図版付きの資料までもが載っている。これまで英語の資料しか無かったこうしたものの日本語の説明が読めるだけでもその手が好きな人には必見の一冊と言えるだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 07, 2008

ようやくロシア語の電子辞書が出るらしい

 今や喫茶店などで勉強している人を見ると皆使っている電子辞書であるが、マイナー言語の悲しさかいつまでたってもロシア語が使えるものは出なかった。仕方がないので私は重い紙の辞書を持ち歩いていたものだが、この度ようやく露和辞典が出るらしい。
 と言っても実は出るのはデーター集で、これをカシオのEX-word(XD-SP/GP)にインストールして使うのだ。ただEX-wordのキー配置はアルファベット表示なのだがいったいどうやってキリル文字を入力するのだろう。

関連記事:ロシア語電子辞書を購入した
その後買ってみたレビュー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チェルノブイリツアーの話し

たまたま2ch経由でチェルノブイリツアーの案内を見つけた。そう、これは正真正銘のあの原発事故で汚染されたチェルノブイリに行くツアーである。
なお最初に断っておくと、これは単なる興味本位のツアーでも、肝試し的な悪趣味な目的のものでもない。これを主催している団体は皆ボランティアであり、原発事故の実体を知ってもらおうと言う真面目な目的のものなのだ。(だが2番目の旅行記の後半にも触れられているように、実際はこれを利用しているジャーナリストの面々でさえ、現地の人に心ない言葉をかけて傷つけているくだりがあって心が痛む)

チェルノブイリツアーの案内

全財産をはたいてチェルノブイリに行ってみた

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 05, 2008

ロシアで通じない重要単語

 久々にロシア語ネタ。
去年(もう去年の話しか)、ロシアに行って感じたことだがロシア語の発音は日本人にとっては寛容だ。アメリカに行ったときのような知っている単語を話してもどうしても通じないと言うことも殆ど無く、単語さえ知っていれば(まあこれが問題なのだが)何とか通じるものなのだ。
 ただし実のところを言うとロシア語には格変化というものがあり、日本語で「てにをは」に当たる語を「〜は」などとやる代わりに単語自体を変化させることで表す仕掛けになっているので、本当は「てにをは」が滅茶苦茶になっている可能性もあるのだが、そこは単語を一言二言言う程度のやり取りなら何とかくみ取ってもらえるものだ。
 だが重要な単語なのにどうしても通じないものもいくつかある。それはお金の「ドル」だとか「ユーロ」「円」などの単語である。これが全く通じないおかげで両替所ではえらく難儀する事になるのである。
 実はこれらの単語は日本のカタカナ英語のように、ロシア語と元の発音がかけ離れたものになっている。そのおかげで通じないのだが、幸いにしてこうした単語はそれ程無いからありがたい。むしろ英語の方がこうした単語は山のようにあるので、日本人は英語圏で苦労することになるのだろう。私も以前アメリカに行ったときカプチーノを注文しようと何度も言ったのだが通じなく、ようやく最後に「Oh! cappuccino.」と言われて通じたのだが、それを聞いて「(俺の発音と)同じじゃん!」と思ったものだ。
 さて最後に種明かしになるがロシア語でこれらの貨幣単位はドルはдоллар(ドーラル)、ユーロはевро(イェーヴラ)、円はйена(イェンナ)と言う発音になる。もしロシアに行く人は覚えておくといいだろう。
(注:ただし無理矢理カタカナで元の発音を表しただけなので、通じない可能性もあることを了承して欲しい)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 03, 2008

突然メールが使えなくなってうろたえる

これまでプライベートで使っていたメールアドレスがプロバイダー側の都合で変更されるという案内をもらってはや3ヶ月、指定された期日が過ぎても全く問題なく使えてたのでタカをくくって放置していたところ今日突然使えなくなってしまった。
しかもこのアドレス、一般に公開しているものではなく私的な連絡や重要な仕事用のものなので大変だ。

そんな訳でここを見ている関係者の方でもし私宛にメールを送ったのに返事がないと言うはお手数ですがコメントして下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 02, 2008

小ネタを箇条書きに書いてみる

小ネタしかないので、箇条書きに書いてみる。

・ようやく仮住まいを出ることになったので、これまで荷物を預けていたレンタルスペースを見に行った。幸い開けてみたら空っぽだったりカビて真っ白と言う恐ろしい事態にはなってなかったが、コンテナの開け閉めには難儀した。特に閉めるときには扉と蝶番が堅くそのままほっぽいとこうかと思ったくらいである。もし女の人で貸しコンテナを借りる際はぜひ屈強な男性を開け閉め要員として連れて行くことをお薦めしたい。

・友達の女の子の名前を語った出会い系メールが来て、危うく引っかかるところであった。メールの文面は「さっき間違ってメールを送ってしまったみたいだけど、…(中略)それからメールアドレスを変更しました。新しいアドレスはここ(ここにトラップのURLが入る)なんだけど…」と言う奴で、なるほどこれならちょっと面識がある娘から親しい友人まで当てはまりそうな文面だ。後はこの文面でありがちな下の名前で出しまくれば、間違ってトラップを踏む人も出かねない。それにしてもスパマーはよくまあ色んな手法を考えるものである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2008 | Main | April 2008 »