« トヨタの「カイゼン」で思い出したこと | Main | 警察によるネットの取り締まりは飽和攻撃の前に機能不全をおこすだろう »

June 14, 2008

政府による企業統制はジンバブエ化を起こすだけなのか

 秋葉原の事件を受けて急に政府による雇用規制を求める声と、それを懸念する声(1,2)が上がっている。
懸念する声の代表的なものはゼネコン不況やジンバブエのような統制を嫌った企業が雇用を控え、さらには海外に拠点を移すことで日本経済の破綻を招くというものだ。
たしかにそれはそうなのだが、一部で見かける国際競争力を維持するためにもっと企業を優遇しなくてはならないと言う言い方を見るとちょっと反論したくなる。何故ならジンバブエとまでは行かないものの、企業に対し非常に厳しい統制をかけてなお、経済が絶好調の国があるからだ。
 そう、それがロシア連邦だ。最近では年間7%以上の割合で経済成長を続けているロシアだが、ソビエト崩壊後はひどかった。当時のロシアでは、国民の75%が貧困水準以下か貧困水準ぎりぎりの生活をしており、学齢期の子供の10~80%が肉体的ないし精神的欠陥を抱え。また、男性の平均余命は60歳未満にまで落ち込んでしまっていたのだ。しかも皮肉なことに当時のロシア経済は今より自由な状態だった。むしろ国営企業を解体し、株式市場を投入し、さらには外資を招くため非常に有利な条件で外国資本を受け入れていたのである。だが皮肉なことにロシア経済はソビエト時代よりも遙かにひどくなり、1999年のGDPは-5.3%とと言う状況だった。
 しかしプーチン政権後、経済統制が高まると石油価格の高騰の後押しもあり、ロシア経済は順調に回復し始めた。ロシアの成長は全て石油価格の高騰を理由にされることも多いが、実は国家統制がその後押しをしている事は知られていない。例えば為替レートではルーブル危機の教訓を生かして米ドルと連動する介入を行うことで物価の安定が図られた。さらに2005年には米ドルだけでなくユーロとも為替が連動する「通貨バスケット制」を採用したおかげでさらに為替は安定した。
 また、税金に関しても欧米諸国でよく言われる企業優遇とは逆に大幅に課税率を高めることで、財政収支を改善しさらには経済成長を実現した事はもっと知られるべきだろう。エリツィン時代、企業に対する税率は非常に低く(実質はある程度あってもほとんど収税システムが機能せず脱税し放題というのもある)、さらに外資への優遇もあってロシアには多くの外資が参入したが、その結果は人材の流出と国内資源に対する外資の囲い込みを招くばかりで、国内には何の利益ももたらさなかった。エリツィン時代末期にはあのガスプロムをはじめとして多くのロシア国内の石油会社は欧米系企業に買収される寸前だったが、もしこのまま買収されていれば石油高騰の利益もまた全て欧米に取られてしまった事だろう。
 だがプーチン政権によってこうした会社が半ば国有化された事で、外資への売却は阻まれた。またこれらの会社に課した75%と言う非常に高い税率は、ロシア経済に大きな恩恵を与え、石油関連以外の産業も発展することにつながった。石油に依存したイメージのあるロシア経済だが、意外なことに2005年の業種別GDP構成比を見ると石油・ガスは全体の16%に過ぎず、27%のサービス業や21%の卸売・小売などのほうが高い割合になっている。

 このように同じ企業統制でもやり方次第で変わるのだ。日本の再生方法が色々言われているにもかかわらず何故かロシア方式だけは話題にもあがらないようだが、ちょっとは検討してもいいのではないだろうか。

参考Link:
ロシア・東欧市場の現状と今後の展望~石油だけじゃないロシア~
中国・ロシア同盟がアメリカを滅ぼす日―一極主義 vs 多極主義

|

« トヨタの「カイゼン」で思い出したこと | Main | 警察によるネットの取り締まりは飽和攻撃の前に機能不全をおこすだろう »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/41528275

Listed below are links to weblogs that reference 政府による企業統制はジンバブエ化を起こすだけなのか:

« トヨタの「カイゼン」で思い出したこと | Main | 警察によるネットの取り締まりは飽和攻撃の前に機能不全をおこすだろう »