« 名刺とポストカードを新調する | Main | やはりいかがわしかったGoogleストリートビュー問題 »

August 15, 2008

「崖の上のポニョ」を見てきた

 最近、映画をあまり見ないのだが珍しく時間が出来たのと私の周りの友人も含めて絶賛する声が相次いでいるのにつられて、仕事帰りにレイトショーで「崖の上のポニョ」を見てきた。最近、映画を見るときにはもっぱら近所の映画館でレイトショーで見るのが定番になっている。何より安いし混んでないのがありがたい。まあ、あまりに変なタイトルだと上映している館が都内数カ所しか無いのでこの手は使えないのであるが…。
 前置きが長くなった。そもそも今回見ようと思ったのは竹熊健太郎氏の映画評を読んだからだ。私の感想もこれに近いが、これを読めばひねくれ者の私でも見たくなるからたいしたものだ。また結構辛口な批評をする友人達も皆絶賛しているのも気になっていたのだ。(余談だが竹熊氏のポニョの批評は連作になっていて、その他の話1,2,3も面白い。興味がある方は他の批評も読んでみることをお勧めする。)
 で感想だが既にあらゆるところでいろんな事が語り尽くされてしまったので、いまさら自分の言葉で語るのは難しい。強いて言えば「考えるな。感じるんだ。」と言ったところだろうか。竹熊氏が書いたようにこの映画、素直に見れば面白い感動的なハッピーエンドの話なのに、細かいプロットやつじつまを考えれば考えるほど「?」と言う疑問が頭に浮かんで離れなくなるからだ。私などはひねくれているのでむしろ「どんなアバンギャルドな実験映画なのだろう」と期待しすぎて、むしろ普通に感動したのに逆に驚いた位だが、細かいつっこみを入れたくなる人だと確かに気になるところは多いだろう。しかし宮崎マジックと言うべきすばらしい映像が全ての疑問を押し流しぐいぐい映像に引き込むところはすばらしい。これとは傾向は違うものの以前見た「スペースカーボーイ」もストーリーのつじつまが合わない所をクリント・イーストウッドの有無を言わせぬ演技力で納得させられたのを思い出してしまった。
 ただ唯一物足りなかったのは、ロシアン・エンディングに毒されたせいだろうか。こうした子供向けの話でさえダークな複線やもの悲しい感しを求めてしまうのは、もう映画の好みがロシア人化してしまったからなのかも知れない。

|

« 名刺とポストカードを新調する | Main | やはりいかがわしかったGoogleストリートビュー問題 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/42169530

Listed below are links to weblogs that reference 「崖の上のポニョ」を見てきた:

« 名刺とポストカードを新調する | Main | やはりいかがわしかったGoogleストリートビュー問題 »