« 低価格もデザインの一部です! 100%カタログ化の影で起きてること | Main | 気になる記事のメモ »

September 17, 2008

どうやらデマでは無かった新型ノクチルックス50mmF0.95

E0135059_1852040

 今月末に行われるカメラ見本市であるフォトキナでLeicaから新型NOCTILUX F0.95(!)が出ると言うアナウンスが発表された。だいぶ前から噂だけは先行していたが噂は本当だったのだ。F値の高いレンズは確かに暗いところで撮影出来るが、値段も高く高感度フィルムやさらに感度の高いCCDの登場もあっていくらライカでも出さないだろうと個人的には思っていたのだが、まさか本当に出るとは思わなかった。
気になる値段の方だがライカジャパンの未確認情報によると約120万円(!)前後になるらしい。いくらユーロが高く、高度な製造技術が必要でしかもそれほど沢山売れないとはいえさすがにそれは高すぎだろう。おかげで買おうという気など端から起きず、全く未練なくあきらめられるのは助かった。
 ところで一時期、現行NOCTILUXが無くなると言う噂が流れ中古市場価格が高騰したがはたして今回の発表でどうなるのだろうか。

|

« 低価格もデザインの一部です! 100%カタログ化の影で起きてること | Main | 気になる記事のメモ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/42501519

Listed below are links to weblogs that reference どうやらデマでは無かった新型ノクチルックス50mmF0.95:

« 低価格もデザインの一部です! 100%カタログ化の影で起きてること | Main | 気になる記事のメモ »