« 新自由主義の終わりと増税と高福祉の社会へ向かう日本 | Main | 神舟7号、中国初の宇宙遊泳成功 »

September 27, 2008

真のエコロジーな生活とは

 WIRED VISIONに「「エコ情報にはうんざり」? 〜 消費者の変化への向き合い方」と言う記事が載っていてちょっと面白かったので、同じテーマで書いてみたい。
 記事では「情報が多すぎて何を信じたらいいのか分からない。」「企業が自社の製品を売るためにエコをスローガンにした広告が多すぎる。」などから、かえってエコロジー自体に対する反発が消費者の間に広がっているのではないかと考察している。確かに本当にエコな生活をしたければわざわざ消費を増やす必要はない。むしろたとえ新製品がエコにせよ、古いものをそのまま使い続けた方がよっぽど環境に優しそうだ。それどころかもし本当にエコロジーな生活をしたければもっと簡単で安上がりな方法がある。それは不要なものはガレージセール等で売り払い、必要なものは中古で購入することだ。最近ではゴミをわざわざ分別し果ては家電などはお金を払って処分しなくてはいけないが、わざわざ回収・分解にお金を替えるなら必要としている人に直接渡した方が簡単だ。あと、もし仮にちょっとしたスペースと時間があるのなら家庭菜園というのも悪くない。働いてもそれを一度お金に変換してから食べ物などを買うよりも、直接食べ物を作った方が手っ取り早いというものだ。家庭菜園というといかにも大変に思えるかも知れないが、ちょっとしたハーブなどなら植えれば勝手に生えてくる。しかもこんなものさえ、外で買うと結構良い値段がするものだ。
 「いらないものを互いに安く回し合う。ちょっとしたものは自分で作る。」よく考えると少し前までごく普通に行われていた事なのに今やそれがエコロジーな生活に結びつくとは変な話だが、案外こうした些細な事こそ今の生活に本当に必要な事なのかも知れない。

|

« 新自由主義の終わりと増税と高福祉の社会へ向かう日本 | Main | 神舟7号、中国初の宇宙遊泳成功 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/42605134

Listed below are links to weblogs that reference 真のエコロジーな生活とは:

» リサイクルハウス真遊里のご案内 [リサイクルショップならリサイクルハウス真遊里]
突然のトラックバック申し訳ありません。ご迷惑でしたらお手数ですが削除をお願いいたします。リサイクルショップのリサイクルハウス真遊里です。家具・家電品・洋服・子供用品・キッチン雑貨・食器・着物・和洋アンティーク・ペイントアート・タイルアート・昔懐かしいもの・レトロな珍しいもの・etc. 幅広いジャンルのリサイクル品で皆様の生活を応援します。... [Read More]

Tracked on October 12, 2008 at 02:12 PM

« 新自由主義の終わりと増税と高福祉の社会へ向かう日本 | Main | 神舟7号、中国初の宇宙遊泳成功 »