« 日常使いのグラスとカップ | Main | Time Capsuleをセットアップした »

September 13, 2008

農林水産省と三笠フーズはグルなのか?

 農薬や毒カビに汚染された「事故米」が食用として出回っている事件で、当初「工業用糊に限り販売」を許可していたと言っていた農林水産省の説明に大きな疑惑が浮かんでいる。糊を作っているメーカーによると「米を原料に糊を作ってる話なんて聞いたことない」というのである。それどころか事故米を販売している元締めの農林水産省は三笠フーズが食用に転用する事を知りながら、販売していたのではないかと見られているのだ。
 例えば事故米は量産している訳もなく定期的に出荷されるものではないので一定量を確保するのは難しいのだが、三笠フーズは「毎回買ってくれるお得意さん」と言うことで率先して連絡が入り、あまつさえ入札のスケジュールさえ三笠フーズのスケジュールに合わせて組まれていたというのである。しかも三笠フーズは糊を作っているメーカーではなく本来食品メーカーだ。そこが毎回事故米を買っていたら何かあると考えるのが当然だ。しかし実際は過去にも食用に転用していると言う通報があったにもかかわらず、農林水産省は検査日程を事前連絡するなどなれ合いとも言えるずさんな調査しか行っていなかったのである。
 そして食品中に含まれるカビ毒の検査は何故かタイミング良く「中止」され、ネット上で騒ぎが大きくなったのを見てあわてて再開するありさまである。(参考:平成19年度における食品安全確保総合調査実施状況の魚拓)そしてマスコミは猛毒の発ガン性を持つカビ毒「アフラトキシンB1」については取り上げず、太田農水相自身が「(メタミドホスは)ギョーザ中毒事件と比べれば60万分の1の量(なので問題ない)」と笑顔でテレビで発言し事件の火消しに励んでいるのだ。これでは農林水産省もグルという他はないだろう。

関連ニュース:汚染米拡大 農水省こそ“共犯”では(中日新聞)

|

« 日常使いのグラスとカップ | Main | Time Capsuleをセットアップした »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/42462616

Listed below are links to weblogs that reference 農林水産省と三笠フーズはグルなのか?:

« 日常使いのグラスとカップ | Main | Time Capsuleをセットアップした »