« 太陽電池への憧れ | Main | インテリア撮影の話 »

October 27, 2008

最近週末になる度に天気が悪いのだが

 最近、週末になる度に天気が悪くて困っている。まず洗濯物が乾かないし、自転車で出るのもままならない、しかも自宅でインテリアの撮影の仕事があるのに、ここのところの天気のおかげでどんどん撮影予定が伸びている。まあいざとなれば人工光で撮るという手もあるのだが、やはり本物の太陽光で撮りたいのだ。
 そんなわけで一応、念のためストロボやライト関係の機材を補充すると言う名目で、午後にはヨドバシに繰り出し、ついでにいつもの中古カメラ屋を回ってきた。それにしても中古カメラ、特にマニアックなお店は相変わらず不思議な空間だ。常連客は親父やじいさまが中心で、しかも店員なみに仕切っている。今日もどこからかかぎつけてやってきた外国人のお客さんと店員の間に立って、勝手に通訳やアドバイスをやっている人がいたし(しかも結構いい年なのにその英語が上手いのだ。なんでも帝国ホテルで何年も働いていた方らしい)、そして私がストロボとカメラの互換性をお店の人に聞いてたときも、隣のおじさんが「ああ、その組み合わせは駄目だよ」と(事実、駄目だった)お店の人が言う前にアドバイスをしてくれるのだ(笑)。もちろん私も負けてはいない(笑)。外国人のお客さんがカメラのレンズの曇りについて最初は日本語でやりとりするも要領を得なくなってきたようなので、勝手に英語で説明したのは私である。
 それにしてもカメラ好きの親父どもは私を含めてみんなこんなんばっかなのだろうか。お店のおじさんも「またかよ」と思っているのかは判らないが、やや苦笑気味でこうした客の協力(?)を聞いているように見えたのが印象的だった。

|

« 太陽電池への憧れ | Main | インテリア撮影の話 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/42915464

Listed below are links to weblogs that reference 最近週末になる度に天気が悪いのだが:

« 太陽電池への憧れ | Main | インテリア撮影の話 »