« October 2008 | Main | December 2008 »

November 30, 2008

休日のメモ

Kaki

 毎度毎度の事ながら最近時間が経つのが早くて困る。特に最近は日が短いので余計に一日が短い気がするのだ。今日などは午前中にちょっと買い物がてら自転車で繰り出したのはいいものの、マシンの調子が悪くなり、さらによせばいいのに路上で素人調整したものだからかえって具合が悪くなり、結局出先の自転車屋に見てもらう羽目になってしまった。しかも帰りはもう何十回も通った道にもかかわらず途中で迷ってしまい、わずか30km足らずの行程に3時間近くもかかってしまった。この歳でもうぼけてるのだろうか。
 そんなこんなで実り薄い一日だったが、一つだけ良いことはお隣さんから柿をもらったことだろう。しかも自分で脚立に上がり好きなものをもげるという特典付きである。なんでも最近は歳もあって高いところの柿を取るのが大変だからもったいないけど多くの柿がそのままになっていると言うことなのだ。
 早速、家に帰って食べてみたがこれが本当に旨かった。スーパーなどにある果物は輸送の期間中に傷むのを避けるため完全に熟したものは無いとは聞いていたが、枝についたまま完熟した果物がこんなにも美味しいとは思わなかった。いつか柿の他にも色々と食べてみたいものである。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 29, 2008

再びルンバを購入する

Roomba535_1

Roomba535_2

 以前、修理したと書いたRoomba Discoveryだが、所詮は素人の修理(と言うか単なる内部の掃除)だったせいか結局それから2週間足らずで元に戻ってしまった。やはり修理の際に禁断のツボ(*)を押してしまったのがだめ押しになったに違いない。そんな訳でまたもや新しいルンバを買ったのだが、少しずつ人気が増しているのだろう。以前は代理店を通して買うのが嫌なら個人輸入するしかなかったのが、今やヤフオクをのぞくとほんとにこの値段で利益が出るのだろうかと言う値段で売られている。もちろんこれらは並行輸入品で故障の際のリスクがあるのだが、判って買うなら悪くない。
 今回購入したのは日本未発売のRoomba535と言うタイプで、見た目は日本でも売られている530とよく似た外見ながらバーチャルウォールライトハウスに対応しているのが特徴だ。まあそんなに何部屋もないので別にこれで無くても良かったのだが、その外見が気に入ったのだ。
 実際に使ってみると明らかに性能が向上しているのには驚いた。動作音は確実に小さくなってこれなら夜でも使えそうだし、家具にガンガン当たると不評だった部分も、先端にセンサーがあるらしく障害物にぶつかる前に確実に減速するようになっていた。また前回の機種では中の機械部分がむき出しで、そこに埃が入って故障を引き起こしていたのだが、今回は写真のように機械部分が覆われるようになって以前よりも埃が入りにくくなっている。
 それにしても面白いのはこうしてどんどん機能が上がると何となく生き物じみてくるのが面白い。以前からRoombaを生き物のように感じてかわいがる人たちはいたものの、今回の機種は壁に近づくと減速する動きや、妙に生き物じみた警告音を発する(特に充電ポートから外されるとなんとも悲しげな警告音を出されたのには驚いた)のもあってますます生き物じみた感じがする。
 ある程度使ってみないとその真価は分からないが、先代よりも明らかに高機能になって(並行輸入なら)さらに安くなったことからも、ますます普通の人にも勧められるものになったと言えるだろう。


*:元巨人の投手だった江川卓が優勝のかかった広島戦を前にして、患部である肩胛骨の裏側に針を打てば即効性があり一時的に力は回復するが投手生命を縮めるという、いわゆる「禁断のツボ」にハリを打ったと言うのが元ネタ。ちなみに本当はそんな危険なツボなどなく鍼灸医の団体から抗議を受けたらしい。(参照

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 27, 2008

いろいろ

 いろいろネタはあるのだが忙しくて書く暇がない。なにせ今日はたまたま少し早く帰れたのを良いことに、ご飯貯金の補充をしていたのだ。ところで前回のご飯を保存して確信を深めたのだが、ご飯を保存するには冷凍が一番いいと言うのはどうやら本当だったようだ。たった一日の保存でもはっきり味が違うのだ。話には聞いて知っていたものの、普通に食べて判るほど違うとは思わなかった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 25, 2008

ご飯貯金を作る

 しばらく暇だった時期が長かった事もあり、趣味と実益を兼ねて自炊を続けていたのだが、最近ちょっと難しくなってきた。とはいえ一度自炊を始めるとそのコストパフォーマンスの良さや、冷蔵庫に残った食材などもあってなかなか止めるのも難しい。そこで雨で家にいたこともあり、忙しくても簡単に料理ができるようご飯貯金を作ってみた。
 とはいえたいしたことをしたわけではない。単にご飯を多めに炊いて一食ごとにラップで包み冷凍したのと、味噌汁用に出汁を多めに用意しただけだ。それとついでにいつもの定番ストックであるロシア風キノコの塩漬けを漬けていた。
 だがこれが以外に時間がかかるものだった。なぜなら普通の家では炊飯器で炊けばそれで済むところが、いちいち土鍋で炊いてる関係で尽きっきりで面倒を見なくてはいけないからだ。これまではご飯を炊きながらおかずを作ったり色々していたので気がつかなかったが、結構時間がかかるものである。
 まあ出来てしまえばどうでもいい。これで平日に多少遅くなっても家で夕食が作れそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 24, 2008

休日の風景

Spaghetti

Interior_cut1123

 せっかくの3連休だが今回はゆっくり休めそうもない。それでもちょっと空いた時間にスパゲッティをゆで、光線の具合が良いので写真を撮る。
パスタは乾燥トマトとアンチョビ入り。レシピは乾燥トマトを水またはお湯で戻したものとニンニク、赤唐辛子をオリーブオイルで炒め(このとき弱火でじっくり炒め、香りを出すこと)、最後にアンチョビを入れたものにゆであがったスパゲッティを入れれば出来上がり。このときにもオリーブオイルをかけてやるといいだろう。仕上げにパセリなどのハーブをかけると香りが引き立つ。
 食い意地がはっているせいなのか、たとえ忙しくても旨い食事があれば結構平気なものらしい。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

November 22, 2008

ルミネによるベルク立ち退きの件とは全く関係ないが、テナント追い出し方法について書いてみる

 先日取り上げたベルクの立ち退き騒動の話題を追っていると、人によってはヤクザなどを使った嫌がらせが行われるのではと心配している人もいるようだ。だがさすがにそれはないだろう。天下のJRグループの一員であるルミネがそんな手口を使うとは思えないし、何よりもっと楽な方法があるからだ。前回のテーマとは全く関係ないもののせっかく話題が出たことだしテナント追い出しに使われる手段に触れても悪くない。幸い建築業界からはもう足を洗ったので、以前私が実際に見聞きした方法をいくつか書いてみよう。

・近所で工事
追い出したいテナントの直ぐそばで大がかりな工事を行うというものだ。通常こうした改装工事はお店の営業の邪魔にならないように夜間、店が閉まっている時間にやるものだが、それをあえて向こうの営業時間にぶつけるのがポイントだ。またついでに相手の仕入れや客の出入りを邪魔するよう、なるべく邪魔になるように作業を進めるのも忘れてはならない。そして音は盛大に。もちろんテナント側は営業妨害として工事差し止めを請求できるが、審議をなるべく引き延ばすのは言うまでもない。

・インフラ停止
電気、ガス、水道、下水などの営業に欠かせないインフラを「点検」なり「老朽化」なりなんらかの口実を付けて止めてしまうと言うものだ。もちろん復旧工事は行うものの、なるべく復帰を長引かせて、さらに上の「近所で工事」状態にすると効果抜群である。

・故意の事故
上の階で水漏れが発生したり下水が詰まったりして「偶然」テナントに損害が発生し、営業できなくなるというものである。もちろん損害賠償は発生するが、上に書いたインフラ周りが「回復不能」と言うことになれば物理的に立ち退かざる得ない。お金をかけてもいいから確実にテナントを追い出したいときに使われる。

 恐ろしい事にこうした手段は頻繁に使われることはないものの、確実に行われているものだ。しかも日本に限らず世界各所であるから恐ろしい。いやむしろ役人が腐敗した国やマフィアが仕切っている国などの工事ではごくありふれた事だったりするから困るのだ。本当は具体例も挙げておきたいところだが、さすがにそれはまずいのでここらへんで止めておこう。こうしたネタが本当にどこかで使われないことを祈っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 21, 2008

一万人以上の署名を無視して「ベルク」立ち退きを計るルミネ

 何回か取り上げているベルク立ち退き騒動が新しい局面を迎えたので書いておく。以前、今年の3月一杯までに立ち退いて欲しいと言う話が出てからしばらく音沙汰が無かったので一段落したと思ったら、ベルクのwebによるとまた来年の3月までに立ち退きを迫られているというのだ。しかも今回一万人以上の立ち退き反対の署名を渡したにもかかわらず、それについては全く反応が無いという。
 しかも今回のルミネの立ち退きを迫るやり口はきわめて陰湿なやりかたをとっている。まず定期的に更新しなくてはいけない様々な契約の中にさりげなく「この条件に違反したら立ち退きます」と言う文面を忍ばせて、それを口実に立ち退きを迫ると言うものである。しかもこうした契約はわざと解釈次第でいくらでも広く取れるように書いてあり、一見至極もっともな内容でも(例えば防災関係で貸し主に不利益を与えたなど)普通の業務で抵触しかねないものになっているようなのだ。さらには賃貸料を一方的に値上げ宣言したり、まさに法に触れないぎりぎりの方法で追い出しを計っていると言う。
 もちろんベルク以外にもこうした方針に反対しているテナントは数多くあり、現状ルミネはテナントとの裁判沙汰が「数え切れないほどある」状況だ。さらにはいくつかのメディアやmixiのニュースにまで取り上げられて、裁判を争っているテナントには多くの支援者が傍聴に来る状態になっている。mixi内のベルクのファンが集まるコミュニティの書き込みによるとルミネ側の弁護士もこうした状況は苦々しく思っているようで、裁判中にベルクの話題が出た途端「傍聴席にもベルクの支援者が来ているようですね!」と声を荒げてひどく狼狽している有様だったという。
 所詮大手には敵わないと言う冷めた意見もあるようだが、こうした状況を見る限りまだまだ状況を覆す事は出来そうだ。第一こうしたルミネのやり口を聞けばいやでも応援したくなるではないか。是非ともみんなも直接ベルクで署名に協力するなり、口コミで広めるなりして協力して欲しい。

関連:LOVE! BERG! ~ビア&カフェ「ベルク」を応援しよう~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 19, 2008

「元次官襲撃事件」を口実にネットをたたくマスコミ

 先日起きた元次官襲撃事件に関して、インターネット上のサイト「フリー百科事典・ウィキペディア」に犯行を示唆する書き込みがあったと言うニュースが流れている。しかしこの記事は最初に報道した毎日新聞の誤報で実態は事件後の事件を伝える書き込みを見て予告と勘違いして書かれたものだった。
 問題はここからだ。毎日新聞では紙面では間に合わず載せてしまった上に、ネットでは綺麗に記事を削除して無かったことにしてしまっている。さらに呆れたのは他の新聞が裏を取らずにそれを転載し、「事実」として報道しまくってしまったことだろう。
 かくして多くの人の中では今回の事件がネットと結びつけられて、ネット=犯罪者の巣窟と言うイメージが広がるのだ。ネットを規制したい政府やマスコミはこれを口実に早速ネットの規制を進めるに違いない。そうならないためにもこうした誤報が広がらないよう釘を刺しておく必要があるだろう。

追記:その後、毎日新聞からはお詫び記事が掲載された。だがこの記事が問題でわずか3行の記事が判りにくい場所に載っただけで、しかもその内容は「書き込みの時刻は事件前ではなく、事件の報道後でした。おわびして訂正します。」というだけで、まるで書き込みが犯行予告から犯行宣言に変わっただけのようにとれる代物だ。どうやら毎日新聞は過去の不祥事から何も学んでないに違いない。


参考:毎日新聞“Wikipediaに犯行予告”と誤報 時刻表示を勘違いか、実は犯行後

関連:報道されないネットとメディアの戦争
以前あった毎日新聞の不祥事周りの記事。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 18, 2008

またもや仕事が怒濤の忙しさになる

 今日、突然仕事が入り怒濤の忙しさに突入した。それにしてもここのところ仕事の緩急の差がひどすぎる。暇なときは全く仕事が無く、このままだと干上がってしまうと言う危機感を感じるし、逆に忙しいときは終電ぎりぎりまで働いたあげく、さらに土日も無くなる有様だ。しかもいくら忙しいからと言って2倍3倍といくらでもペースを上げて働けるはずもなく、へたに体をこわしたらかえって高くついてしまう。
 私の周りでも似たような話をよく聞くのだが、これは全国的な状況なのだろうか。これからの不況で仕事が無くなるよりはましとはいえ、こんな状況ではじり貧なのは間違いない。とりあえず景気が悪いうちは仕方がないが、長期ビジョンを考えておかないといけなさそうである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 17, 2008

十条の和田屋に行く

Potato_salad

Blowfish_fryjpg

 十条にある居酒屋、「和田屋」に行ってきた。最初に入ったときは人も少なく、正直大丈夫かと思ったのだがそれは全くの杞憂で、時間が経つにつれどんどん人が入ってきてやはり人気店だと実感した。ここは地元の常連の人が多そうなイメージがあったのだが、予想どおり店のお客さん同士は顔なじみのようだった。
 とはいえ一見さんお断りと言う雰囲気ではないのはありがたい。新参者の我々は常連らしきテーブルの注文するメニューを参考にいろいろおいしいものを食べさせてもらった。ちなみにここも下町の飲み屋らしく恐ろしくパフォーマンスの良い店で、さんざん飲み食いしたものの驚くほど安く済んだのはすばらしい。
 飲んべえの自分にとっては、ここを含め埼京線沿線は飲み屋が充実しているのが魅力的だ。ちょっとここら辺に引っ越すことを検討してみたくなってきた。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 16, 2008

カジュアルサイクルウェアの話

 本当かどうか判らないが何でも自転車ブームらしい。そのせいなのか単に中年化が進んで皆ウエストが気になる年頃になったせいなのかは判らないが、私の周りでも自転車に乗る人が増えてきた。
 ただある程度自転車に乗るようになってもやっぱり本格的なサイクルウェアには抵抗がある人が多いらしい。私に言わせればプロの選手が練習していても誰もおかしいとは思わないように、本格的な格好をしていてそれなりの走りさえしていれば、むしろ格好いいと思うので気にせず着ればいいと思うのだが、やはり最初は抵抗があるのだろう。私自身もそうだったからよく分かる。
またいつもハードな走りばかりでは疲れるし、ポタリングの時の格好はそのまま街着になる方が良いに決まっている。そんな訳で幸い最近のブームのせいかカジュアルウェアとしてのサイクルウェアをいくつかのメーカーが出してきたので、ちょっとそれを紹介しよう。

nari/furi
自転車+ファッションと言うコンセプトのブランド。手近な所だと東急ハンズ新宿店などに置いているようだ。

・rotator
自転車をテーマにした丸井の作った新ブランド。有楽町マルイにセレクトショップとして展開されている。とはいえ自転車をテーマにしている割に素材は普通の綿だったりして本格的なスポーツ用途を想定した作りにはなっていないので、その辺は考慮する必要があるだろう。何故かここは自前のWebは無いようなので、いくつか取り上げているWebをのせておく。
wigglin' bloggin':自転車生活のセレクトショップ『rotator』
それなりに、日々更新 | rotator[自転車×マルイ]プレス発表
それなりに、日々更新 | トーク@有楽町マルイ

おまけ
Rapha
本格的サイクルウェアの中ではかなりカジュアルな街着としても使えるものがそろっているイギリスのブランド。オンラインショップも(英語だが)充実している。
ただ高いんだよなー、ここ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 15, 2008

規制緩和の影で規制が進むネット通販

 規制緩和と言う言葉がスローガンになってからずいぶん経つが、実はその影でちゃっかり規制が強化されようとしているものがいくつかある。

 一つ目はインターネットでの薬の販売だ。こう書くとなんだか誤解されそうなので補足するが、もちろん非合法な薬の話ではなくごく普通の薬局で売られているような薬の話である。普通に薬局で売られている薬は大きく分けて3種類に分類されているのだが、最もリスクの高いAグループは対面販売を必須とし、Bグループも原則として対面販売。Cグループのみネット販売など通販を認める形になるというのだ。ちなみにCグループの薬はビタミン剤や整腸剤などごく一部で、私たちが普通に買うような薬はほとんどがBグループに属している。なんでも厚生労働省の言いぐさでは「リスクを避けるために対面販売で説明を受けて販売するため」と言っているそうだが、果たして薬局で買うときにどれだけ説明を受けてるだろうか。またネットでもボタン一つで買えないようにあらかじめ説明ページが表示されるようにしている所もあるのだが、こうした事は「説明」にはあたらないらしい。ネットで薬を買う人の中には地方で周囲に薬屋さんが無い人や、病気やけがで外出もままならない人もいる。こうした人を切り捨てる形でリスクを減らすと言うのでは、ネット通販を規制して一部の小売店や役人の利権を守るためだと言われても仕方がない。

 二つ目の対象はこれもネット通販でよく使われている「代引きサービス」が上がっている。こちらは金融庁曰く「消費者保護のために倒産時の安全網が必要」と言う言いぐさなのだが、そもそも代引きサービスは商品が届く前に支払いをするのを避けるために行われているのに、本末転倒ではないだろうか。ちなみに代引きサービスに対しては金引換サービスを営む宅配便業者を「資金移動サービス業」と規定して消費者を守るために何らかの規制をかける形にしたいらしい。と言うことはどうやら代引きサービス自体は無くならずに済みそうだが、この話なにか裏がありそうだ。どうせ「安全なサービスを守るため」と言う名目で天下り団体をこしらえて、宅配業者あたりから金を巻き上げるつもりなのだろう。ちなみに多くのネットショップでは薄利多売で代引きの手数料でかろうじて持っている状態なので、これが無くなったり規制によりコストがかさむようになれば多くの店が潰れるだろう。

 かくしてネット通販は規制され、またしても銀行・既存商店が優遇され天下り団体が作られるのだろう。

参考Link:「薬のネット販売規制案、見直しを」――ネット薬局が要望書

| | Comments (2) | TrackBack (1)

November 14, 2008

実は昔の人の方が優れていた記憶力

 オリンピックの記録や技術の進歩などから人間の能力は時代と共に発達している印象があるが、どうやらいくつかの能力は時代と共に衰えているものもあるらしい。そう思ったのは中世の暗記に関する話を読んだからだ。それによると近代に入るまで紙は貴重品で、印刷技術も存在しなかったため教養人になるためには暗記力は必須の能力だったという。
 たしかに言われてみれば印刷技術の無い昔は本はとても貴重品だったし、コピー機や写真はおろかメモを取るための紙ですら高価なのだから、見聞きした事をとどめておく為には暗記するより仕方がない。また(今でもヨーロッパの大学などでは行われているが)当時は試験や弁論は一切メモを用いない口答で行うものだったと言う事情もある。そんなわけで昔は書物一冊をまるまる暗記すると言うのはごく普通で、訓練をした者によっては今でもごく一部の人がかろうじて持っている「写真やテープのようにその場で見聞きしたもの全てを記憶する」と言った能力をもつ人も少なくなかったと言うのである。
 今でも特殊な業種(例えば佐藤優氏によると、メモを取ることが出来ない諜報関係者など)ではこうした暗記能力は必須だそうだが、多くの場合はそこまで求められることはないだろう。だが優れた記憶力は確実に役に立つ。そして訓練次第でこうした能力は獲得可能だというのである。何かを勉強している人ならついでにこうした暗記術の習得も目標にしてみては如何だろうか。

参照記事:記憶術 - Wikipedia

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 12, 2008

雑感

いろいろ思うことはあるのだが、わざわざ記事にするほどの内容でないのでちょっと思いつきを箇条書き風に書いてみる。

・通勤中に感じるのだがスーツは割とちゃんとしているくせに、鞄が適当な人が多い気がしてならない。革製のアタッシュケースを持てとは言わないが、せめてスーツに合わせて黒い鞄にするとか、型くずれしない程度のしっかりとした作りのものを使って欲しい。

・仕事で使っている3Dソフト“MAYA”のバージョンが上がる度に下位互換性が無くなるのは止めて欲しい。おかげで新しいバージョンで作ったデーターを開けるためには、同じバージョン以上のソフトを使わなくてはならなくなってしまう。会社ならまだしも個人ではバージョンアップ料に20万近くも払えない。いい加減にして欲しいものだ。

・写真の仕事のデーター整理にはもっぱらMacintoshに最初からついているiPhotoを使っている。プロ用にはもっとちゃんとしたソフトがあるのは知っているのだが、なかなかどうしてiPhotoでもバージョンが上がる度にRowファイルも対応する種類が増えるし、ProPhotoCDのデーターも扱えるしなかなかに侮りがたいのだ。

・時事ネタもいろいろ言いたいのだが既にネットでいろんな人が書いているし、得てしてまともな意見よりどれだけ目につくかや自分の思いこみに近いかで判断する人ばかり目につくので書く気が失せる。それにしても田母神氏の件にからめて村山談話を批判する人が多いが、元の談話をきちんと読んで批判している人がどれだけいるのだろう。まあ国会で質問する方もデーターを出さずにやるもんだからおあいこなのかも知れないが、おかげで明らかな認識不足から来る間違いや単なる思いつきがまかり通るのだ。

参考:日本の「盾」としての「村山談話」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 10, 2008

週末に料理を仕込む

Tomato_and_meat

 最近、週末になる度に天気が悪くて困っている。おかげで自転車で走りにも行けないし、仕事の写真も撮れやしない。しょうがないので、ストレス発散もかねて料理をまとめて仕込んでいた。
 写真の素材は「ロシア風トマトの塩漬け」と「コンフィ」の材料である。ただちょっと調子に乗って買いすぎてトマトは瓶に入らず余ってしまい、豚モモ肉も耐熱容器2皿分になってしまった。うーむ、これからしばらくこいつらを退治することになりそうだ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

November 09, 2008

ハヤシライスを食す

Hayashi_rice

 実家からハヤシライスを冷凍パックにして持ってきたのでそれを食す。母は何十年も給食や食堂で料理を作ってきた事もあり、私の料理好きもその影響があるのかも知れないが、永久にその腕には追いつけなさそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 08, 2008

Roombaを修理する

Roomba_open

 2年ほど前に購入したRoomba Discoveryがここのところ調子が悪い。走行中にギアが引っかかったような異音を出したりついには突然止まってしまう。本来なら修理に出すところであるが、修理中のブランクが嫌なのと並行輸入品という事もあり、ダメ元で自分で直すことにした。
 故障の具合から恐らくモーターかギア周りに埃がたまって、それが引っかかって異音を出したり止まったりしていると推測したので、とりあえずネジを外して中を見てみると、案の定凄い埃である。埃を全て取り除きついでに洗剤を含ませた固く絞った雑巾で拭ける範囲を拭いてやると、何事もなかったように復活した。
 もしかしたらまた少し動かしているうちに不具合が出るのかも知れないが、とりあえず修理完了である。そんなわけで皆に勧めるわけではないが、ちょっとした修理(と呼べるほどのものでもないが)の注意点を書いておく。

・Roomba本体は普通のプラスネジで組み立てられているので、普通のドライバーで分解できる。ただしネジはかなりきついので、ちゃんとネジ穴にあったサイズのドライバーを使わないとねじ穴をなめてしまう危険がある。ドライバーを当ててねじ穴に微妙に合わなければ止めた方が無難だろう。
・ネジによってはかなり奥まった所にあるので、ピンセットかラジオペンチが無いと後でネジを塡めるとき難儀する事になるだろう。
・一見同じように見えるネジだが、実は何種類かのサイズに分かれている。ネジを取り違えないように注意が必要だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 06, 2008

久しぶりに海外通販からものを買う

 まただいぶ戻ってしまったが一時期¥が90円近くまで上げていた事もあり、久しぶりに海外通販で買い物をした。今回の世界不況で外貨預金は目減りするは、株は下げるはで良いこと無しの人も多いと思うが、せめて円高差益の分でも元を取り返そうではないか。それにしてもこうした円高はすぐに円売りドル買い介入で円安に戻されるようで気に入らない。これだから日本による円売りドル買い介入は、しばしば日本の輸出企業に対する事実上の補助金であると批判されるのだ。
 そんな訳で久しぶりに注文したものの、待てど暮らせど返事がない。以前、ロシア関係の怪しいものを注文したときは半年以上も待たされた事があったのでこれくらいでは動じないものの、ちょっと気になって2chあたりで探ってみると、みんな考えることは同じらしい。何でもその店だけで日本から1000件以上もオーダーが集中して完全にオーバーフローしているそうだ。それどころか、どうやら転売ヤーが混ざっているらしく、ヤフオクにはしっかり商品が上がっているのには笑ってしまった。
 ネットはいろんなものの敷居を下げているが、どうやら海外通販の敷居も大幅に低くなっているらしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 04, 2008

たまにはお菓子の話など

Galettes

 料理の話題は多いものの自炊で作ったものやお酒の話ばかりなので、たまには気分を変えてお菓子の話なども書いてみたい。世の酒飲みのイメージは「辛党」と言う言葉もあるように甘いものは駄目と言うイメージがあるようだが、私はもともと食い意地が張っているせいか甘いものも好きなのだ。
 とはいえ甘いものを食べないのは一時期ちょっと太っていたのと、なにより市販のお菓子に気に入ったものが無いからだ。それでも昔は職場の近くに和菓子屋さんがあった事もあり、しばしばお茶と称して和菓子で一服したものだ。なにせそこは単に和菓子を売っているだけではなく、喫茶スペースできちんと点てた玉露まで飲めたのだ。
 昔話を書いていてついつい前置きが長くなってしまったが、そんな訳で最近は輸入食料品屋で買ってきたお菓子ぐらいしか食べてない。その中で個人的なお勧めは写真のロータスのガレットブルターニュビスケットだろう。しっとりとしていながらサクサクした歯触りと、濃厚なバターの風味が絶品で一度食べると日本のクッキーが食べられなくなるおいしさだ。ちなみにこのメーカーは他にもいろんなクッキーやビスケットを出しているので、しばらくはいろんな種類を食べてみようかと思っている。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

November 03, 2008

トランクルームの注意事項

 以前、借家が建て直されている間トランクルームを借りていたのだが、その時に気づいた注意事項についてちょっと書いてみたい。それもトランクルームを借りるときに渡される書類に書いてあるような一般的な事は既にいろんなところで書かれていると思うので、あまり知られて無さそうな注意点について書いてみる。

・充電機能のあるものをいれてはいけない。
性能が良くなったとはいえ、充電池の多くはバッテリーが完全に放電すると再生しない。そのためトランクルームに長い間入れているとバッテリーが死んでしまい、二度と充電出来なくなってしまう。

・水分を含むものを入れてはいけない。
トランクルームの大敵の一つが湿気である。荷物と一緒に乾燥剤を入れてくれるのだが、それでもあまりに湿気を含んでいるとそれだけでは追いつかない。それどころかそれが元でカビが繁殖したりするので注意が必要だ。特に洗濯機などの水周りの家電では、一見、乾いているようでも中の配管に水が残っている場合がある。実は私もこのせいで洗濯機を一台カビだらけにして捨てる羽目になってしまった

・カビに弱いものを入れてはいけない。
上に書いたこととダブルがトランクルームでは密閉している分、カビなどが繁殖しやすい。そのためカビに弱いもの(デリケートな衣服、カメラ、スキャナーなどレンズがあるもの)などはわずかなカビでも駄目になってしまうので気をつけよう。(実はこの前、久しぶりにスキャナーを引っ張り出したら外側は綺麗だったにもかかわらず、スキャンすると点々とカビも一緒にスキャンされるようになってしまっていた。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 01, 2008

自転車で高尾に行った

081101_takao

 今日はすごく良い天気だったので、今度は高尾に自転車で行ってきた。あいにく写真は携帯しか無いのでしょぼいのだが、カメラを持って行きたくなるくらい見事な紅葉が広がり、走っても周りを眺めてもすばらしい。ただ問題が一つあって高尾駅周辺の20号の街路樹はイチョウなので、後でタイヤ周りに銀杏のにおいがついてしまうことだろう。
 今回もまたGPSのログをあげておく。数値を見るとやっぱり長距離の経験が足りないのがよく判るなあ。

全体平均速度:20.7km/h
移動平均速度:26.5km/h
最高速度:61.6km/h
合計時間:2:55
移動時間:2:17
移動距離:60.6km

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2008 | Main | December 2008 »