« またもや仕事が怒濤の忙しさになる | Main | 一万人以上の署名を無視して「ベルク」立ち退きを計るルミネ »

November 19, 2008

「元次官襲撃事件」を口実にネットをたたくマスコミ

 先日起きた元次官襲撃事件に関して、インターネット上のサイト「フリー百科事典・ウィキペディア」に犯行を示唆する書き込みがあったと言うニュースが流れている。しかしこの記事は最初に報道した毎日新聞の誤報で実態は事件後の事件を伝える書き込みを見て予告と勘違いして書かれたものだった。
 問題はここからだ。毎日新聞では紙面では間に合わず載せてしまった上に、ネットでは綺麗に記事を削除して無かったことにしてしまっている。さらに呆れたのは他の新聞が裏を取らずにそれを転載し、「事実」として報道しまくってしまったことだろう。
 かくして多くの人の中では今回の事件がネットと結びつけられて、ネット=犯罪者の巣窟と言うイメージが広がるのだ。ネットを規制したい政府やマスコミはこれを口実に早速ネットの規制を進めるに違いない。そうならないためにもこうした誤報が広がらないよう釘を刺しておく必要があるだろう。

追記:その後、毎日新聞からはお詫び記事が掲載された。だがこの記事が問題でわずか3行の記事が判りにくい場所に載っただけで、しかもその内容は「書き込みの時刻は事件前ではなく、事件の報道後でした。おわびして訂正します。」というだけで、まるで書き込みが犯行予告から犯行宣言に変わっただけのようにとれる代物だ。どうやら毎日新聞は過去の不祥事から何も学んでないに違いない。


参考:毎日新聞“Wikipediaに犯行予告”と誤報 時刻表示を勘違いか、実は犯行後

関連:報道されないネットとメディアの戦争
以前あった毎日新聞の不祥事周りの記事。

|

« またもや仕事が怒濤の忙しさになる | Main | 一万人以上の署名を無視して「ベルク」立ち退きを計るルミネ »

Comments

毎日新聞は去年もありましたね。リタリン報道です。
いきなりマイナーな精神薬を大報道して実質上麻薬
扱いにした元凶です。一面トップで報道するような
記事かと思いましたモノ。

最近もそのリタリンを処方していた医師が元患者に
ストーカー被害を及ぼしていたという報道がフジテレビ
でありました。事件を風化させたくない勢力が働いて
いるように私には思えます。

Posted by: ひどらじん | December 06, 2008 at 05:36 AM

こんにちはひどらじんさん。リタリンが問題視されている話は知ってますが、最初の報道は毎日新聞だったのは知りませんでした。
こうして見ると今世論と呼ばれているものも、背景を疑った方がいいのかも知れませんね。

Posted by: doku | December 06, 2008 at 11:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/43160881

Listed below are links to weblogs that reference 「元次官襲撃事件」を口実にネットをたたくマスコミ:

« またもや仕事が怒濤の忙しさになる | Main | 一万人以上の署名を無視して「ベルク」立ち退きを計るルミネ »