« 雑感 | Main | 規制緩和の影で規制が進むネット通販 »

November 14, 2008

実は昔の人の方が優れていた記憶力

 オリンピックの記録や技術の進歩などから人間の能力は時代と共に発達している印象があるが、どうやらいくつかの能力は時代と共に衰えているものもあるらしい。そう思ったのは中世の暗記に関する話を読んだからだ。それによると近代に入るまで紙は貴重品で、印刷技術も存在しなかったため教養人になるためには暗記力は必須の能力だったという。
 たしかに言われてみれば印刷技術の無い昔は本はとても貴重品だったし、コピー機や写真はおろかメモを取るための紙ですら高価なのだから、見聞きした事をとどめておく為には暗記するより仕方がない。また(今でもヨーロッパの大学などでは行われているが)当時は試験や弁論は一切メモを用いない口答で行うものだったと言う事情もある。そんなわけで昔は書物一冊をまるまる暗記すると言うのはごく普通で、訓練をした者によっては今でもごく一部の人がかろうじて持っている「写真やテープのようにその場で見聞きしたもの全てを記憶する」と言った能力をもつ人も少なくなかったと言うのである。
 今でも特殊な業種(例えば佐藤優氏によると、メモを取ることが出来ない諜報関係者など)ではこうした暗記能力は必須だそうだが、多くの場合はそこまで求められることはないだろう。だが優れた記憶力は確実に役に立つ。そして訓練次第でこうした能力は獲得可能だというのである。何かを勉強している人ならついでにこうした暗記術の習得も目標にしてみては如何だろうか。

参照記事:記憶術 - Wikipedia

|

« 雑感 | Main | 規制緩和の影で規制が進むネット通販 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/43108031

Listed below are links to weblogs that reference 実は昔の人の方が優れていた記憶力:

« 雑感 | Main | 規制緩和の影で規制が進むネット通販 »