« 消された職歴 | Main | 雨の日に »

May 29, 2009

Blogを書く理由

 ある日、昔の日記や写真を見て「そういえばこの頃自分は何をしていたのだろう」と思ったことは無いだろうか。私の場合、ある日ふとそう思って思い出してみると記憶力が乏しいせいもあるだろうが、すっかり当時の事を忘れている事がある。別にそれで今の自分が無くなるわけでもないのだが、それでも当時の事をよく思い出せないと何となくその時の自分が無かったような悲しい気持ちになるものだ。それでも子供のいる人や、仕事が明確な形になって残る人ならば、それが当時の証だと思えるだろう。しかし私の場合子供もいないし、前にも書いたように仕事の多くは守秘義務で公表できない仕事になりつつあり、かつオープンに出来る仕事でも多くが大規模開発になっていったせいで、自分の仕事もその中に埋没してどこだか判らない状況になっていた。
 そんな訳で自分の防備録とささやかな公開できる記録としてBlogを書き始めた訳である。
 だがそれでも今から振り返るともっときちんと記録すべきだったものは数多い。なんと言っても自分の作品の管理が悪く、ハードディスククラッシュでその一部を失ってしまったのが悔やまれる。今からでも遅くはない、Blogのささやかな記録の他にももっときちんと作品をまとめ、仕事のログを取ろうと思っている。

|

« 消された職歴 | Main | 雨の日に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/45161864

Listed below are links to weblogs that reference Blogを書く理由:

« 消された職歴 | Main | 雨の日に »