« 横浜に自転車で行く | Main | パパイヤイリチー »

June 08, 2009

超低価格住宅の話

 元々建築系の仕事をしていて住宅の原価を知っていたのと、世界の住宅事情を見聞きしていたせいもあるが、昔からずっと住宅にウン千万も出す価値があるのだろうかと思っていた。例えば中央アジアでは家は空いている時間に煉瓦を作りただで作るのが普通なのだ。
 もちろんそんな話は日本で通用するはずもない。これまではどんなに安い住宅でも数千万はするのが普通だったし、1000万を切る住宅を建てることが出来ればそれは本を出せるほど希少な事例だったのだ。
 しかしこの不景気と少子化でとうとう事情が変ってきた。今や1000万を超える新築(残念ながら土地代は別)はそれほど珍しいものではない。それどころか500万円台の戸建てさえアキュラホームアーネストワンなど複数の会社から出ているのだ。
 そして住み手の意識も変わりつつあるようだ。一昔前なら変人呼ばわりされそうなトレーラーハウスやプレハブ平屋建てを極安の田舎の土地に設置して、土地付きで数百万で住もうという人たちもぽつぽつ見かけるようになってきた。それを裏付けるように2chの「その日暮らし版」の中にある「プレハブ平屋建てに住んでる一人暮らし」と言うスレッドでは最初はネタあつかいされた上、実践している人はホームレス扱いされていたのが、今では具体的な方法や実践している人のレポートが上がる有意義なスレッドになっている。

 しばらく不景気も続きそうだし、少子高齢化で住宅余りも増えそうだ。これからは本当にウン千万の家をローン付きで買と言う人生設計は過去のものになるのかも知れない。

|

« 横浜に自転車で行く | Main | パパイヤイリチー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76620/45277498

Listed below are links to weblogs that reference 超低価格住宅の話:

« 横浜に自転車で行く | Main | パパイヤイリチー »